鈴木直志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずき なおし
鈴木 直志
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 岩手県北上市
生年月日 1950年7月26日
没年月日 (2018-05-06) 2018年5月6日(67歳没)
血液型 A型
最終学歴 弘前大学卒業
職歴 テレビ岩手アナウンサー
(報道局次長アナウンス部長 → 報道局専任局長)
活動期間 1973年 - 2009年
ジャンル 報道番組スポーツ番組
担当番組・活動
出演経歴ニュースプラス1いわて
テレビ岩手競馬王国
『いわて大航海時代』

鈴木 直志(すずき なおし、1950年7月26日 - 2018年5月6日)は、元テレビ岩手アナウンサー、報道局専任局長。

来歴[編集]

岩手県北上市出身[1]弘前大学卒業[1]。大学を卒業後、1973年[2][3]にテレビ岩手に入社。

アナウンサー時代には、ニュース番組キャスターを主に担当[2]。また、競馬中継や各種スポーツ中継の実況業務にも携わった。キー局の日本テレビ1991年世界陸上競技選手権大会を独占中継した際には、系列局のアナウンサーたちとともに大会の実況を担当した[2][4]

後に報道局次長アナウンス部長に昇進し[5][6]、2001年に報道局専任局長に就任[2][7]。2004年には同じくテレビ岩手のアナウンサーであった小林ゆり子とともに、毎年盛岡市で行われている盛岡文士劇に参加・出演した[8]

2009年6月をもって、入社以来36年間在籍したアナウンス部ならびに報道制作局を離れた[3][4]

2018年5月6日、脳出血のために盛岡市内の自宅で死去した[2]。67歳[2]

担当番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 鈴木 直志”. テレビ岩手『アナウンサの部屋』. 2009年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 訃報”. 岩手日報 (2018年5月6日). 2018年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月22日閲覧。
  3. ^ a b デジカメ写真館 第74回 鈴木直志アナ、祝卒業パーティー!〜前編〜”. テレビ岩手『アナウンサの部屋』 (2009年6月16日). 2011年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月22日閲覧。
  4. ^ a b デジカメ写真館 第75回 鈴木直志アナ、祝卒業パーティー!〜後編〜”. テレビ岩手『アナウンサの部屋』 (2009年6月18日). 2011年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月22日閲覧。
  5. ^ 第317回 番組審議会 議事録”. テレビ岩手 (1997年12月19日). 2019年12月22日閲覧。
  6. ^ 第350回 番組審議会 議事録”. テレビ岩手 (2000年12月13日). 2019年12月22日閲覧。
  7. ^ 「平成17年度電話応対コンクール岩手県大会」の開催について”. NTT東日本岩手支店 (2005年10月21日). 2019年12月22日閲覧。
  8. ^ デジカメ写真館 第22回 「盛岡文士劇に鈴木アナと小林アナが出演」”. TVIアナウンサー【デジカメ写真館】 (2004年12月6日). 2019年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]