鈴木琢也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 琢也(すずきたくや、1986年4月3日 - )は日本の教育家、ライター、パブリックスピーカー。学位はグロービス経営大学院 経営学修士位、カリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー)学士。

人物[編集]

1986年、川崎市生まれ。中学で不良となり、神奈川の「最低レベル」の県立高校を卒業して「とび職」の職人をしていたが、勉強しようと一念発起、情報処理の専門学校に進んだ。その後、留学を決意し、仕事を辞めてアメリカに渡る。そしてUCバークレーで政治経済を学び、現在は「グロービス経営大学院」で働く。執筆、講演活動を行う。[1]

略歴[編集]

著書[編集]

メディア出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “ヤンキー→とび職→アメリカの名門大学 鈴木琢也さんの逆転人生を支えた「気合」” (日本語). ハフポスト. (2015年10月10日). https://www.huffingtonpost.jp/2015/09/27/ucberkeley-suzuki_n_8203592.html 2018年11月20日閲覧。 
  2. ^ “鈴木琢也の記事(1ページ目)” (日本語). マイナビニュース. https://news.mynavi.jp/author/12074/ 2018年11月21日閲覧。 
  3. ^ GROWING REED | J-WAVE | radioinfo.radiko.jp ラジオウェブ」『radioinfo.radiko.jp』。2018年11月21日閲覧。
  4. ^ “とび職から米名門大へ"ヤンキー式"勉強法 「いつでも人は変われる」 | プレジデントオンライン” (日本語). PRESIDENT Online - PRESIDENT. (2018年6月12日). https://president.jp/articles/-/25372 2018年11月21日閲覧。 
  5. ^ FUTURES|FUTURES~Sense of Wonder~2018年5月30日(水) ゲストは、鈴木琢也さん。(1回目) |JFN PARK」『JFN PARK』。2018年11月21日閲覧。
  6. ^ 『高校生・受験生のお母さんお助けBOOK 大学選びの新常識 2017年度版』(アローコーポレーション) 製品詳細 講談社BOOK倶楽部” (日本語). 講談社BOOK倶楽部. 2018年11月21日閲覧。
  7. ^ 日本経済新聞社・日経BP社「元ヤンキーもあぜん!ホンダ創業者の「やんちゃぶり」|出世ナビ|NIKKEI STYLE」『NIKKEI STYLE』。2018年11月21日閲覧。
  8. ^ 鈴木 琢也|ヤンキーから一念発起してアメリカの公立ナンバーワンの大学に合格したスゴい人! | 日刊スゴい人!” (日本語). sugoihito.or.jp. 2018年11月21日閲覧。
  9. ^ 元ヤンキー とび職経てUCバークレー進学するまでの道のり│NEWSポストセブン”. www.news-postseven.com. 2018年11月21日閲覧。
  10. ^ 価格.com - 「白熱ライブ ビビット」で紹介された情報 | テレビ紹介情報” (日本語). kakaku.com. 2018年11月21日閲覧。
  11. ^ “ヤンキー→とび職→アメリカの名門大学 鈴木琢也さんの逆転人生を支えた「気合」” (日本語). ハフポスト. (2015年10月10日). https://www.huffingtonpost.jp/2015/09/27/ucberkeley-suzuki_n_8203592.html 2018年11月21日閲覧。 
  12. ^ 偏差値30台の不良が世界の名門大学へ――「結局、障害になるのって“自分の存在”や“思ってること”」鈴木琢也さんインタビュー【前編】 | ダ・ヴィンチニュース」『ダ・ヴィンチニュース』。2018年11月21日閲覧。
  13. ^ “【本編】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと。」の話 / Suzuki Takuya | STORYS.JP (STORYS.JP)” (日本語). NewsPicks. (2014年7月24日). https://newspicks.com/news/540589/ 2018年11月21日閲覧。 

外部リンク[編集]