鈴木慶太 (競馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木慶太
Keita-Suzuki20111015.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県
生年月日 (1983-03-18) 1983年3月18日(35歳)
身長 157.4cm
体重 47.5kg
血液型 B型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 美浦・藤原辰雄(2003.3.1 - 2005.2.20)
美浦・フリー(2005.2.21 - 2011.6.21)
美浦・小西一男(2011.6.22 -)
初免許年 2003年
免許区分 平地・障害[1]
テンプレートを表示

鈴木 慶太(すずき けいた、1983年3月18日 - )は日本中央競馬会 (JRA) 美浦トレーニングセンターに所属する騎手静岡県出身。

来歴[編集]

1999年にJRA競馬学校の騎手課程第18期生として入学。2002年に卒業したが騎手免許試験に合格できず[2]、翌年(2003年)に騎手免許を取得した。同年藤原辰雄厩舎所属でデビューし、3月8日中山競馬第2競走のアポロンビレッジで16頭立ての15着。初勝利は同年5月17日新潟競馬第11競走でのリワードゲインで、28戦目であった[3]

2006年3月19日の中山競馬第4競走をサマードレスで勝利したあと、2010年7月17日の新潟競馬第4競走で勝利するまで4年3か月を要した。中央競馬では矢原洋一が記録した4年8か月に次ぐ最長ブランク勝利記録となったが、その後も勝ち星に恵まれない状況が続き、2016年10月29日の新潟競馬第4競走(障害戦)で勝利するまで6年3か月12日を要し、JRA騎手による最長勝利間隔記録を更新した[4]

エピソード[編集]

騎手成績[編集]

年度 平地競走 障害競走
1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
2003 2 2 8 118 .017 .034 .102 -
2004 1 3 1 53 .019 .075 .094 0 0 1 11 .000 .000 .091
2005 2 4 3 91 .022 .066 .099 1 0 0 16 .063 .063 .063
2006 0 1 0 25 .000 .040 .040 1 2 1 18 .056 .167 .222
2007 0 0 1 7 .000 .000 .143 0 2 0 15 .000 .133 .133
2008 0 0 0 4 .000 .000 .000 0 0 0 6 .000 .000 .000
2009 0 0 0 5 .000 .000 .000 0 0 0 2 .000 .000 .000
2010 0 0 0 1 .000 .000 .000 1 1 0 13 .077 .154 .154
2011 0 0 0 1 .000 .000 .000 0 0 1 22 .000 .000 .045
2012 0 0 0 0 .000 .000 .000 0 0 3 31 .000 .000 .097
2013 0 0 0 5 .000 .000 .000 0 2 0 41 .000 .049 .049
2014 0 0 0 0 .000 .000 .000 0 1 0 27 .000 .000 .037
2015 0 0 0 0 .000 .000 .000 0 0 0 10 .000 .000 .000
2016 0 0 0 0 .000 .000 .000 1 0 0 10 .100 .100 .100
中央 5 10 13 310 .016 .048 .090 4 8 6 217 .018 .055 .083
地方 0 0 0 3 .000 .000 .000  
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
平地 初騎乗 2003年3月8日 3歳未勝利 アポロンビレッジ 16頭 13 15着
初勝利 2003年5月17日 白馬岳特別 リワードゲイン 15頭 5 1着
重賞初騎乗 2003年11月16日 福島記念 トーアメイウン 16頭 15 16着
障害 初騎乗 2004年3月21日 障害未勝利 ミツアキオペラオー 14頭 14 7着
初勝利 2005年10月23日 障害未勝利 ケイアイプリティー 14頭 3 1着
重賞初騎乗 2005年8月20日 新潟JS タマモディスタイム 14頭 13 8着

脚注[編集]

  1. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年4月7日閲覧。
  2. ^ 中野アナの美浦トレセン・新人騎手レポート(ラジオNIKKEI 競馬実況Web)
  3. ^ 鈴木慶騎手が初勝利(競馬ブック)
  4. ^ 鈴木慶太、最長ブランクV 6年3カ月12日ぶり - スポーツニッポン新聞社、2016年10月30日掲載、同日閲覧
  5. ^ 2日ぶりの美浦は?|三浦皇成オフィシャルブログ
  6. ^ 美浦&栗東ホースマンDays 【黛 弘人騎手】5月20日

関連項目[編集]