鈴木哲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 哲子(すずき てつこ、1906年8月31日 - 2000年1月15日)は、翻訳家、教育家。

人物[編集]

明治維新史家勝田孫弥の次女として生まれる。米国セントローレンス大学卒業。帰国後、精華高等女学校教師。1973年校長。1985年精華女子高等学校名誉校長、1986年東海大学付属望洋高等学校名誉校長。英米の児童文学を翻訳した。1953年の『こぶたとくも』の翻訳は産経児童出版文化賞受賞。ローラ・インガルス・ワイルダーの自伝9部作の後半四部作を訳した。

翻訳[編集]

  • こぶたとくも E.B.ホワイト 法政大学出版局 1953
  • 長い冬 L.I.ワイルダー 1955.10 (岩波少年文庫)
  • 大草原の小さな町 L.I.ワイルダー 岩波少年文庫 1957
  • へんなネコのセラピナ アン・H.ホワイト 学習研究社 1971
  • シャーロットのおくりもの E.B.ホワイト 法政大学出版局 1973
  • この楽しき日々 L.I.ワイルダー 1974 (岩波少年文庫
  • ちびっこスチュアート E.B.ホワイト 法政大学出版局 1975
  • はじめの四年間 L.I.ワイルダー 1975 (岩波少年文庫)