鈴木周三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木周三郎

鈴木 周三郎(すずき しゅうざぶろう[1] / しゅうさぶろう[2]1876年明治9年)9月2日[3] - 1940年昭和15年)12月16日[2][4])は、日本の農業経営者、実業家政治家貴族院多額納税者議員衆議院議員福島県信夫郡杉妻村長

経歴[編集]

福島県信夫郡伏拝村(杉妻村を経て現福島市伏拝)で、地主・鈴木清次郎の長男として生まれる[3]。1908年(明治41年)家督を相続した[5]

福島商業会議所議員、福島県農会副会長、鈴木実業銀行頭取、福島紡績社長、福島商業銀行頭取、川俣銀行取締役、福島電灯取締役、福島瓦斯取締役、磐城水電取締役、霊山電気取締役、福島羽二重取締役、鈴木商事取締役などを務めた[2][3][4][5][6]

政界では、杉妻村長、同村会議員を務めた[1][2]。1911年(明治44年)9月29日、貴族院多額納税者議員に任じられ[7]、1918年(大正7年)9月28日の任期満了まで1期在任した[1]。また、1920年(大正9年)5月、第14回衆議院議員総選挙に福島県第三区から憲政会所属で出馬して当選し、衆議院議員を1期務めた[2]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』205頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』332頁。
  3. ^ a b c d 『福島県人名鑑』ス4-5頁。
  4. ^ a b c 『福島県史 第22巻』285頁。
  5. ^ a b c 『人事興信録』第12版 上、ス67頁。
  6. ^ 『衆議院議員略歴』450頁。
  7. ^ 『官報』第8485号、明治44年9月30日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『福島県史 第22巻 (各論編 8 人物)』福島県、1972年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第12版 上、人事興信所、1939年。
  • 『第一回乃至第十九回総選挙 衆議院議員略歴』衆議院事務局、1936年。
  • 『福島県人名鑑 : 一名・事業と人物』福島県人名鑑刊行会、1923年。