鈴木信達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 信達
基本情報
本名 鈴木 信達
通称 最後の空手家
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-09-16) 1977年9月16日(41歳)
出身地 東京都調布市
所属 武心塾
身長 174cm
体重 77kg
階級 ウェルター級
バックボーン 空手
テンプレートを表示

鈴木 信達(すずき のぶたつ、1977年9月16日 - )は、日本男性総合格闘家行政書士東京都出身。初代ONE FC世界ウェルター級王者。

総合格闘家として活躍しながらも、行政書士として都内に事務所を構えている。

来歴[編集]

15歳の頃、喧嘩に負けた事をきっかけに極真会館城西支部三和道場で極真空手の練習を始める。

1994年、当時空手家として著名であった市原海樹UFCで敗北を喫したのを機に総合格闘技への興味を持つ[1]

空手の全日本大会に出場するも、思ったような結果が出せず、自分の将来に不安を抱き始める。その後、在日米軍基地、金融機関バーなどで働きながら総合格闘技と空手の練習を積む[2]

2005年ZSTでプロ総合格闘家デビュー。

2013年11月12日、ONE FC 12でアダム・カユーンと王者決定戦を行う予定であったが、カユーンが負傷欠場。代役のヴィトー・ピントとの対戦が決まったが、ピントが大会前日のメディカルチェックに失格したため、試合は消滅した。

2014年3月14日、ONE FC 14のウェルター級王者決定戦でブロック・ラーソンと対戦し、判定勝ち。初代ONE FC世界ウェルター級王者となった。

2014年8月29日、ONE FC 19でベン・アスクレンと対戦し、1RTKO負け。王座陥落となった。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
16 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
11 10 0 1 0 2 0
3 2 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× イブ・タン 1R 3:29 TKO(パウンド) ONE Championship: Quest for Greatness 2017年8月18日
× ベン・アスクレン 1R 1:24 TKO(パウンド) ONE FC 19
【ONE FC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2014年8月29日
ブロック・ラーソン 5分5R終了 判定3-0 ONE FC 14
【ONE FC世界ウェルター級王者決定戦】
2014年3月14日
フィル・バローニ 1R 4:17 TKO(パウンド) ONE FC 9 2013年5月31日
× 中村K太郎 1R 2:03 リアネイキドチョーク VTJ 1st 2012年12月24日
オースティン・ジャッジ 1R 1:37 KO(ボディへの膝蹴り) ZST.30 2011年11月23日
モリス・シェルトン 2R 4:26 KO ZST.26 2010年11月23日
ジョン・ウジン 1R 2:16 KO(膝蹴り) ZST-BATTLE HAZARD 4 2010年7月3日
渋谷修身 2R 4:03 KO(膝蹴り) ZST.22 2009年11月23日
内村洋次郎 2R 1:53 KO(膝蹴り) ZST-BATTLE HAZARD 3 2008年8月24日
ケスタティス・スミルノヴァス 1R終了時 TKO(カット) ZST.13 2007年6月10日
ペトラス・モリカヴィチス 5分2R終了 ドロー ZST.11 2006年11月23日
長井憲治 1R 1:37 KO ZST.10 2006年9月10日
花田和弘 1R 4:01 KO ZST.9 2006年2月18日
高橋雄介 2R 1:19 KO SWAT! 03 2005年10月23日
大類宗次朗 5分2R終了 ドロー SWAT! 02 2005年7月24日

獲得タイトル[編集]

  • 第1回MACカラテチャレンジチャンピオンシップ2001重量級 優勝
  • 清武会秋季トーナメント茶・黒帯の部 優勝
  • 清武会第5回全日本ウェイト制空手道選手権大会 無差別級 3位
  • 初代ONE FC世界ウェルター級王座

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代ONE FC世界ウェルター級王者

2014年3月14日 - 2014年8月29日

次王者
ベン・アスクレン