鈴木俊雄 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 俊雄(すずき としお、1908年明治41年)3月3日[1] - 2000年平成12年)6月8日[1])は、日本実業家日本ガイシ取締役会長[2] [3]や、中部経済連合会会長、中部経済同友会代表幹事等を歴任する。

人物・経歴[編集]

1928年東京高等工業学校(現東京工業大学電気科卒業、日本碍子入社。企画部長を経て、1948年取締役に昇格。1956年常務取締役。1959年専務取締役。1962年取締役副社長[4]。1969年取締役会長[3]。1970年東洋陶器取締役、日本陶器取締役、日本特殊陶業取締役[5]。1971年中部経済同友会代表幹事[6]、中部品質管理協会会長[7]。1975年中部経済連合会会長[8]。1977年日本碍子取締役相談役[5]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、670頁。
  2. ^ 「第93期有価証券報告書」日本碍子
  3. ^ a b 日本ガイシ(株)『日本ガイシ75年史』(1995.03)渋沢社史データベース
  4. ^ 「第93期有価証券報告書」日本碍子
  5. ^ a b 第112期有価証券報告書東洋陶器
  6. ^ 「中部経済同友会の歴史」中部経済同友会
  7. ^ 中部品質管理協会沿革中部品質管理協会
  8. ^ 中部経済連合会 歴代会長中部経済連合会
先代:
大倉和親
日本碍子会長
1969年 - 1977年
次代:
福田克美
先代:
横山通夫
中部経済連合会会長
1975年 - 1979年
次代:
加藤乙三郎