金原久雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金原 久雄
きんばら ひさお
生年月日 (1946-09-29) 1946年9月29日(73歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県
出身校 慶應義塾大学
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 1999年11月7日 - 2011年11月6日
テンプレートを表示

金原 久雄(きんばら ひさお、1946年9月29日 - )は、日本政治家。元愛知県蒲郡市長(3期)。

来歴・人物[編集]

愛知県出身。1972年、慶應義塾大学卒業[1]。倉庫会社を経営。蒲郡青年会議所理事長、豊橋小売酒販組合理事長などを務めた[2]

1999年9月9日、蒲郡市長の鈴木克昌が衆院選・愛知14区から立候補する意向を表明。これを受けて9月14日、次期市長選への出馬を表明した[2]。11月7日に行われた市長選挙で初当選。2007年、元市議会議長の大場久充、鈴木克昌の息子の鈴木基夫らを破り3選。

2011年、任期満了に伴い退任[3]

2019年1月21日、蒲郡市名誉市民に推挙された[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地方の活性化に関するシンポジウム 講師略歴 全国市長会
  2. ^ a b 中日新聞』1999年9月15日付朝刊、県内版、18面、「金原氏が出馬表明 蒲郡市長選」。
  3. ^ 秋の蒲郡市長選 金原氏不出馬東日新聞 2011年6月14日
  4. ^ 安藤聡 (2019年1月22日). “蒲郡市名誉市民に鈴木氏と金原氏”. 東愛知新聞. http://www.higashiaichi.co.jp/news/detail/4131 2019年9月1日閲覧。