野田邦弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野田 邦弘(のだ くにひろ、1951年 - )は、文化政策学者、鳥取大学教授。

福岡市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。横浜市職員となり、コンテンポラリーダンスフェスティバル「ヨコハマアートウェーブ’99」の企画制作や「横浜みなとみらいホール」の開設準備など文化行政に携わる。2004年鳥取大学地域学部地域文化学科教授(文化政策、創造都市論)。文化経済学会理事長、日本文化政策学会理事、NPO法人都市文化創造機構理事、鳥取県文化芸術振興審議会長、鳥取県地方自治研究センター理事長、あいちトリエンナーレ実行委員などを兼任。[1]

著書[編集]

  • 生涯学習の文化経済学』芙蓉書房出版 文化経済学ライブラリー 2000
  • 『イベント創造の時代 自治体と市民によるアートマネージメント』丸善ライブラリー 2001
  • 『創造都市・横浜の戦略 クリエイティブシティへの挑戦』学芸出版社 2008
  • 『文化政策の展開 アーツ・マネジメントと創造都市』学芸出版社 2014

共編著[編集]

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『文化政策の展開』著者紹介

外部リンク[編集]