野村玲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
のむら りょうこ
野村 玲子
本名 浅利 玲子
生年月日 (1961-08-21) 1961年8月21日(57歳)
出生地 日本の旗北海道旭川市
ジャンル 女優
活動期間 1981年 - 現在
配偶者 浅利慶太
主な作品
舞台
ジーザス・クライスト=スーパースター
コーラスライン

野村 玲子(のむら りょうこ、1961年8月21日 - )は、日本ミュージカル女優北海道旭川市出身。元劇団四季所属[1]。夫は浅利慶太

人物・略歴[編集]

北海道旭川商業高等学校卒業後、富士銀行旭川支店の窓口に勤務したが、1年間で退職、幼い頃からの夢だったミュージカル女優を志し1981年上京、劇団四季の研究所に入る。

入団前からの憧れの役は『ウエストサイド物語』のマリア役だった。

1983年劇団員に昇格、初舞台は「エビータ」のミストレス役。

その後、『ジーザス・クライスト=スーパースター』のマグダラのマリア、『コーラスライン』のディアナなどを務めて同劇団の看板女優となる。

1991年初演の『ミュージカル李香蘭』ではタイトルロールを務め、翌年の中国公演でも各地で歓迎された[要出典]

華やかなスター性と堅実な演技力を併せ持ち、同劇団のみならず、日本を代表するミュージカル女優として内外で高く評価されている。


1995年5月8日に、ディズニーの責任者も加わり『美女と野獣』公演のためのオーディションが行われ、野村涼子は10歳年下の堀内敬子と共に初代ベルとなった。『美女と野獣』は1995年11月24日よりロングラン公演が開始され、野村は1997年までベルを演じた。


上記以外の代表作は、『ユタと不思議な仲間たち』の小夜子、『赤毛のアン』のアン、『ハムレット』のオフィーリア、『エビータ』のエビータなど。

近年は、ストレートプレイを中心に活動している。

2003年、同劇団代表・浅利慶太と入籍。

2015年、夫の浅利が同劇団からフリーとなり、新事務所「浅利演出事務所」を設立[2]。第1弾上演作品『オンディーヌ』に出演[1]

出演作品[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 浅利慶太さん、四季退任後の初公演が開幕”. スポーツ報知 (2015年4月20日). 2015年4月20日閲覧。
  2. ^ 劇団四季の浅利慶太さんが独自の活動”. 日刊スポーツ (2015年3月7日). 2015年4月17日閲覧。