野木ローズタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野木ローズタウン(のぎローズタウン)は、栃木県下都賀郡野木町にある京成電鉄が開発したニュータウンである。

概要[編集]

京成不動産により東京のベッドタウンとしてJR宇都宮線野木駅を中心に開発されたニュータウンで、1982年(昭和57年)から分譲を開始され、テレビCMも放映された。
総戸数は1600戸[1]で、野木町の人口の4割以上を擁する街となっている。

主な施設[編集]

公共施設[編集]

商業施設[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 野木町はこんな町