野上義博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野上 義博(のがみ よしひろ、1949年12月25日 - )は、日本実業家ダイワボウホールディングス社長。

経歴・人物[編集]

福岡県出身。長崎県立長崎東高等学校を経て[1]1973年九州大学経済学部経済学科卒業、同年に大和紡績入社[2]。以後営業畑を歩み[3]2002年同社第一事業本部生活資材部長。2006年ダイワボウ情報システムに入社し、取締役常務取締役を経て、2009年代表取締役社長に就任[2]。同社での経営手腕を買われ[3]2015年ダイワボウホールディングス社長に就任した[4][5]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 入学者氏名一覧 昭和四十四年度”. 九州大学新聞(1969年4月15日). 2016年6月23日閲覧。
  2. ^ a b 代表者の異動に関するお知らせ”. ダイワボウ情報システム. 2016年6月23日閲覧。
  3. ^ a b ひと/ダイワボウホールディングス次期社長に就任する野上義博氏”. 繊維ニュース (2015年05月13日). 2016年6月23日閲覧。
  4. ^ ダイワボウHD、新社長に野上義博氏”. 繊研新聞(2015年5月8日). 2016年6月23日閲覧。
  5. ^ ダイワボウホールディングス社長に野上氏”. 日本経済新聞(2015年5月8日). 2016年6月23日閲覧。