重房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

重房(しげふさ、生没年不詳)とは、江戸時代大坂浮世絵師

来歴[編集]

柳斎重春の門人。『浮世絵師伝』は作画期を天保の頃とするが、文政13年(1830年)に描かれた役者絵1枚が作として知られている。

作品[編集]

参考文献[編集]