酢酸カーミン溶液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酢酸カーミン溶液(さくさんカーミンようえき)は顕微鏡観察に際し、細胞核染色体染色に用いる赤色の染色固定剤。45%酢酸水溶液を煮沸し、そこに塩基性色素であるカーミンを加えて飽和させ、さらにイオンを含む物質を微量加えて作る。生物細胞にこの溶液を加えると、まず酢酸によって固定が起こり、正に荷電した核や染色体に、負に荷電したカーミンが吸着して赤く染まる(核や染色体が負に帯電の間違いでは?)。鉄イオンは媒染剤としての効果が同様なDNA染色法として酢酸オルセイン染色法があるが、それに比べて生細胞の核が染色されやすいとされる。

アセトカルミン(acetocarmine)溶液とも呼ぶ。

中学校での実験では、染色に酢酸オルセイン溶液酢酸ダーリア溶液も使用されることがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]