都饅頭 (三重県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
都饅頭

都饅頭(みやこまんじゅう、都まんじゅう)は和菓子で、焼き饅頭の一種。主に三重県で親しまれている。

原材料は小豆小麦粉砂糖蜂蜜黒ごま膨張剤など。表面に黒ごまがちりばめられ、中に、こしが入っている。比較的、日持ちすることもあり、贈答仏事の品などとして、よく利用される[1]

三重県桑名市が発祥とされ、名産となっている[2]かつて桑名市馬道に存在した和菓子店が大正年間に都饅頭を創作したとされる[要出典]。近年では、製造・販売店が北勢地域に拡大し、広く親しまれている[3]。製造・販売を行う和菓子店は多数あるが、代表的な店としては、創始した店の縁戚ということもあって元祖の称号を受け継いでいる[要出典]花乃舎(桑名市南魚町)などがあげられる。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 商品のご案内” (日本語). 花乃舎. 2010年5月9日閲覧。
  2. ^ 『桑名のいろは』 桑名ふるさと検定実行委員会、桑名商工会議所、2007年、191頁。ISBN 4-9903866-0-42010年4月29日閲覧。
  3. ^ 名品館グランドセール’10 (終了しました)” (日本語). 三重北勢地域地場産業振興センター. 2010年5月9日閲覧。