還元酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

還元酵素(かんげんこうそ、reductase)とは、酸化還元酵素の一種で分子状酸素以外の基質電子受容体とする酵素である。レダクターゼとも呼ばれる。

分類はフェレドキシン‐NADP+還元酵素のように電子伝達系に含まれるものから、硝酸還元酵素のように還元的同化・合成に関与するものなど多岐にわたる。あるいは電子受容体が明らかになっていないものもある。

補欠分子族としてフラビンモリブデンヘムあるいは非ヘム鉄を含むものもある。

HMG-CoA還元酵素阻害剤やアンドロゲン5α還元酵素阻害剤は医薬品に利用されている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 還元酵素『岩波生物学辞典』第4版CD-ROM版、岩波書店、1999年。