達見恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
達見恵
出生名 達見恵(同じ)
生誕 (1981-10-17) 1981年10月17日(36歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
ジャンル J-POP
職業 歌手ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 2000年 -
共同作業者 佐野宏晃
公式サイト http://tatsumi-megumi.petit.cc/

達見恵 (たつみ めぐみ、1981年[1]10月17日 - )は、日本歌手ギタリストである。神奈川県横浜市出身。血液型B型。

横浜をこよなく愛するミュージシャンであり、『みらいdrop』(TVK Hi!横濱編集局のED)など、横浜を題材とする楽曲を手掛ける。

音楽ゲームの『GuitarFreaksDrumMania』に楽曲を提供しており、若年層を中心に知名度が上がっている。

略歴[編集]

横浜生まれの横浜育ち。

2000年11月にロックバンド「Misky」を結成し、佐野宏晃とともに音楽活動を開始。

2001年8月よりバンド「SEA EXPRESS」のボーカルとして佐野宏晃とともに音楽活動を続けるが、2006年よりバンド活動を休止、目指す音楽の方向性の違いから2007年8月23日のライブを最後にバンド自体が休止、ソロとして音楽活動を続ける。

2008年11月より、ギター(千本松仁)、ベース(上田哲也)、ドラム(大菊勉)、キーボード(松浦碧)を交えたバンド形式でのライブを中心に音楽活動を続けている。また、『GuitarFreaks&DrumMania』への楽曲提供をV4(2007年)以降、継続して行っている。

主な作品[編集]

六月の風
オーディションを受けるために必要となって作成されたオリジナル曲。作曲は佐野宏晃で、この作曲依頼がきっかけとなってSEA EXPRESSが結成されることとなった。
みらいdrop
TVK Hi!横濱編集局のエンディングテーマソング。
SMILE&MUSIC
SEA EXPRESS名義のファーストアルバム。
ぎんいろ
銀色-完全版-のオープニングテーマ
恋は臆病
GuitarFreaksDrumMania』V4への提供曲。
流れ星/あいたくて
ソロ活動後の1stシングル。
My dirlin' is ・・
コカ・コーラ主催のCoke Street Liveにて披露した曲。
ゴーイングマイウェイ!
『GuitarFreaks&DrumMania』V5への提供曲。佐野宏晃も作品に関わっており、「達見恵 featured by 佐野宏晃」のクレジットが入っている(以降の作品への提供曲も同様)。
イジワルなあなた
『GuitarFreaks&DrumMania』V6への提供曲。
星空に誓うロマンス
うたっち』への提供曲。作曲はヴィNヴィN、編曲は96が担当している。
Hunter〜どうしても欲しいもの〜
『GuitarFreaks&DrumMania』V7、XGへの提供曲。
キセキはじまり☆
pop'n music』19 TUNE STREETへの提供曲。
Victory!
『GuitarFreaks&DrumMania』V8、XG2への提供曲。
ぶきように恋してる
『pop'n music』20 fantasiaへの提供曲。
ジンクス
福井テレビのCMソングに起用されている曲。
HAPPY limelight
REFLEC BEAT』 limelightへの提供曲。 作曲はQrispy Joyboxが担当している
つぼみ
『GuitarFreaks&DrumMania』XG3への提供曲。『jubeat』saucerに移植。
Summer Holiday
『GuitarFreaks&DrumMania』XG3、『jubeat』copious APPENDへの提供曲。
いたずらな天使と☆Christmas Eve
『pop'n music』Sunny Park への提供曲。

キケンな果実[編集]

『GITADORA』への提供曲。『jubeat』saucer、『Dance Dance Revolution』に移植。
ノンフィクションワールド
『GITADORA』への提供曲。
一粒の涙
『GITADORA Over Drive』への提供曲。
ブラックホール
『GITADORA Tri-Boost』への提供曲。

FRAGMENTS ~ふたつの記憶~[編集]

『pop'n music』ラピストリアへの提供曲。作詞はPONが担当している。

作詞[編集]

月歌~ゲッカ~
マジカルハロウィン2への提供。
Magical Halloween2 ORIGINAL SOUNDTRACKには達見本人が歌うバージョンが収録されている
Colorful Days
NEWラブプラスメインテーマ

その他[編集]

  • 佐野宏晃とは同じ高校に通っていた。初めての協演は、高校時代に文化祭で演奏された『決戦は金曜日』であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 達見恵 official site”. 2012年6月26日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]