道徳観音山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

道徳観音山(どうとくかんのんさん)はかつて愛知県名古屋市南区にあった行楽施設。

沿革[編集]

1925年大正14年)、尾張徳川家が所有していた道徳前新田名古屋桟橋倉庫株式会社に売却され、宅地などの開発が始まった。1932年昭和7年)、観音町1丁目にコンクリートで造った上に土を被せた人工の山が築かれて、山頂に高さ約2メートルの観音像が、山腹には近隣の公園などから移設された複数体の観音像が置かれて道徳観音山と命名された。

山は展望台にもなっており、伊勢湾を眺望する事が出来たため、春と秋には子供たちの遠足で賑わい、また夜になるとカップルが集まるいわゆるデートコースとなった。山には高さ10メートルの滝が配されて、その下に子供たちが遊べるプールが設置。さらに山の中は名古屋初の屋内型スケートリンクとなっていた。当時の様子は吉田初三郎泉楽園と一緒に描いた鳥瞰図などとして残されている。

最初の観音像は数年を経ずに取り壊されて、新たに高さ6メートルの楊柳観音(コンクリート製)が造られ、1936年(昭和11年)5月には清水寺より大西良慶大僧正を招いて開眼法要も執り行われた。また、1943年(昭和18年)には南側の隣接する土地が名古屋桟橋倉庫から市に寄贈され、観音公園が設置された。

戦後[編集]

市内に他のスケートリンクが出来て客が減った事もあり、リンクは閉鎖されて製氷業者に貸し出され、製氷施設となった。1956年(昭和31年)に観音公園が都市計画公園となった後も長らく地元のシンボルであったが、1964年(昭和39年)に名古屋桟橋倉庫が解散する事となり、山頂の観音像と共に観音山は取り壊され、跡地は住宅地などとして売却された。山腹に置かれていた観音像は辛うじて取り壊しを免れ、その内1体は近在の東昌寺に移されて、道徳観音として現在も祭られている。

観音公園は現在も住宅地の中に存在するが、観音山があった時に築かれた伊勢湾台風の慰霊碑を除いて、当時を偲ばせるものは残されていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『道徳のむかしをたずねて』 加納誠、名古屋市立道徳小学校PTA、2000年(日本語)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]