道徳公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
道徳公園
Dôtoku Park
Dotoku Park 01.JPG
道徳公園の位置(愛知県内)
道徳公園
道徳公園の位置(名古屋市内)
道徳公園
分類 都市公園
所在地
愛知県名古屋市南区道徳新町5丁目
座標 北緯35度06分14.96秒 東経136度54分26.54秒 / 北緯35.1041556度 東経136.9073722度 / 35.1041556; 136.9073722座標: 北緯35度06分14.96秒 東経136度54分26.54秒 / 北緯35.1041556度 東経136.9073722度 / 35.1041556; 136.9073722
開園 1931年
設備・遊具 野球場1面[1]
テニスコート1面[2]
アクセス 名鉄常滑線道徳駅から徒歩2分

道徳公園(どうとくこうえん)は、愛知県名古屋市南区にある公園である。

略歴・概要[編集]

1821年文政4年)の豪農・鷲尾善吉による開拓を記念した「鷲尾善吉翁頌徳碑」が建っている[3][4]

1925年大正14年)、尾張徳川家が所有していた道徳前新田名古屋桟橋倉庫に売却された後、宅地などとともに開発された[4]1928年昭和3年)には皇太子殿下御降誕記念事業公園の一つとして議決されている。

当初は現在の道徳通まで広がる敷地と池をもっており、1927年(昭和2年)にはその半分近くを貸し出す形で、現在の名古屋市立道徳小学校(1940年創立[5])と名古屋市立大江中学校(1947年創立[6])あたりにマキノ・プロダクション中部撮影所が設立され[4]、『忠魂義烈 実録忠臣蔵』が撮影されるなどしたが、牧野省三の死に伴い閉鎖された。現在の道徳公園は1931年(昭和6年)ころに開園し、約10年かけて整備された[3]

園内にある「クジラ池」のクジラ像は1927年(昭和2年)に後藤鍬五郎[7]の手で作られたもので、名古屋開府400年を記念して2010年平成22年)に行われた「夢なごや400」事業で、グランプリの「どえりゃあ大賞」に選出され、2011年(平成23年)には市の認定地域建造物資産に認定されている[8]

開園と時を同じくしてカフェ玉突き洋食堂などが並ぶ道徳銀座通ができ、名古屋屈指の繁華街として南部工業地帯で働く労働者の憩いの場として賑わった。

補足[編集]

  • 道徳地区にはかつて道徳観音山という人工の築山があって、その場所が道徳公園だったとの誤解が一部にあるが、実際には近傍の観音公園(観音町1丁目)の隣にあったものである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 道徳公園野球場”. 名古屋市スポーツ・レクリエーション情報システム. 2011年11月5日閲覧。
  2. ^ 道徳公園テニスコート”. 名古屋市スポーツ・レクリエーション情報システム. 2011年11月5日閲覧。
  3. ^ a b “道徳公園・鷲尾善吉翁頌徳碑(南区)”. 名古屋市:新田開拓と神社めぐり(南区). (2010年6月14日). http://www.city.nagoya.jp/minami/page/0000001457.html 2011年11月5日閲覧。 
  4. ^ a b c “3.道徳-クジラの海に映画の撮影所”. 名古屋を歩こう. (2005年6月21日). http://toppy.net/nagoya/minami3.html 2011年11月5日閲覧。 
  5. ^ 学校紹介名古屋市立道徳小学校、2013年3月21日閲覧。
  6. ^ 大江中学校の沿革名古屋市立大江中学校、2013年3月21日閲覧。
  7. ^ コンクリート製造形物を多数作成し、聚楽園大仏の製作者としても知られる。
  8. ^ “道徳公園クジラ像”. 名古屋市:道徳公園クジラ像(暮らしの情報). (2011年10月17日). http://www.city.nagoya.jp/jutakutoshi/page/0000028725.html 2011年11月5日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]