遊佐秀頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
遊佐秀頼
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
官位 豊後守
幕府 室町幕府 能登守護代
主君 畠山義総義続義綱
氏族 遊佐氏
父母 父:遊佐秀盛
続光?

遊佐 秀頼(ゆさ ひでより)は、戦国時代武将能登畠山氏の家臣。能登国守護代

略歴[編集]

遊佐秀盛の子として誕生。父・秀盛と共に能登守護畠山義総に重用され、能登守護代を務めた。義総の死後は子の義続、孫の義綱に仕えた。同族[1]遊佐続光と共に天文22年(1553年)、畠山家中で権勢を誇っていた温井総貞と権力抗争を繰り広げるも敗れ、翌天文23年(1554年)に大槻一宮合戦で敗北、捕虜となった。

脚注[編集]

  1. ^ 一説には子。