進藤貞治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
進藤貞治
時代 戦国時代
生誕 明応6年(1497年
死没 天文20年(1551年
官位 山城守
主君 六角高頼定頼
氏族 進藤氏
父母 父:進藤長久
賢盛?
テンプレートを表示

進藤 貞治(しんどう さだはる)は、戦国時代武将六角氏の家臣。木浜城主。

生涯[編集]

明応6年(1497年)、南近江戦国大名・六角氏の家臣・進藤長久の子として誕生。

進藤氏は、後藤氏と共に「六角氏の両藤」と呼ばれて重用された。貞治は六角高頼六角定頼の時代に重臣として仕えた。なお、蒲生賢秀平井定武らと共に、「六角の六家老」と称されることもある。

外交手腕に優れ室町幕府12代将軍足利義晴細川晴元の和睦の仲介、天文6年(1537年)の法華一揆では六角定頼に従い上洛し延暦寺に味方し法華宗を撃ち破る。豊後国大友義鑑と書簡のやり取りやその使者の臼杵鑑続とは直に外交役となり、多くの功績を立てたといわれている。

天文20年(1551年)、死去。