足立智美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
足立智美
生誕 (1972-01-25) 1972年1月25日(47歳)
日本の旗 日本石川県金沢市
学歴 早稲田大学
ジャンル 作曲
即興音楽
実験音楽
自作楽器
サウンド・ポエトリー
職業 音楽家

足立 智美(あだち ともみ、男性、1972年1月25日 - )は、日本の音楽家。ヴォイスパフォーマー、自作楽器奏者、作曲家として国際的に知られている。音楽活動のみならず、音響美術舞台音楽などの幅広い分野で活動している。

略歴[編集]

1972年金沢市に生まれる。石川県立金沢泉丘高等学校早稲田大学第一文学部哲学科卒業。

1994年から1997年にかけて、四谷P3他でパフォーマンス・シリーズ「音、あるいは耳について」を企画。1997年に「足立智美ロイヤル合唱団」を結成、同グループでNHKに出演する。2004年から2005年にかけてドイツのキュンストラーハウス・ドルトムントを拠点に音楽活動、フェスティバル企画、インスタレーション発表をおこなう。2008年から2011年にかけて、「音楽の複数次元」を主宰して、ジョン・ケージクリスチャン・ウォルフコーネリアス・カーデュージェームズ・テニーなどの実験音楽の古典の日本初演を手がけた。2009年から2010年までアジアン・カルチュラル・カウンシルの助成を受けてニューヨークに滞在した。

ヴォイス・パフォーマーとして新国誠一クルト・シュヴィッタース、フーゴー・バルの音響詩作品を取り上げている。

演奏者を公募しておこなう音楽パフォーマンスでも知られ、アサヒ・エコ・アート・フェスティバルで、高知県四万十川流域の民俗芸能とオーケストラの共演を実現した他、2011年には70名を超えるミュージシャンによって、多数のチューバ、合唱、自動車を編成に含む「ぬぉ」が東京都中央卸売市場(足立市場)で上演された。また声とエレクトロニクスを操る即興演奏家としても高橋悠治一柳慧坂田明、ヤープ・ブロンク、ニコラス・コリンズ、ジェニファー・ウォルシュ、リチャード・バレット、大友良英をはじめとする多くの音楽家と共演している。

作品[編集]

ソロ[編集]

  • 足立智美 Solo Improvisation + (1994)
  • ADACHI TOMOMI LIVE'94(1995)
  • SONGS OF ELECTRONIC CIRCUIT(1996)
  • ときめきのゆいぶつろん (2000)
  • 初期作品 & ライブ音源集 1994-1996 (2009)
  • 記譜法としての境界面 自作楽器による音楽(2011)
  • 貧富の差はどこから来るのか(2016)

足立智美ロイヤル合唱団[編集]

  • ぬ(2001)
  • よ(2003)

コラボレーション[編集]

外部リンク[編集]