足立力也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

足立 力也(あだち りきや、1973年3月15日 - )は、日本フリーライターコスタリカ研究家。

来歴[編集]

福岡県福岡市生まれ。立命館大学国際関係学部卒業、立命館大学大学院博士前期課程修了。その後、一旦はプログラマーの道へ進み民間企業に就職したが、1年で退職。1999年からコスタリカの国立ナシオナル大学大学院博士課程で研究生活を送った[1]。帰国後は平和教育に関する講演や執筆のほか、翻訳・通訳(英語スペイン語)、紛争解決ワークショップ等の活動を行っている。

2004年第20回参議院議員通常選挙みどりの会議公認で比例区から出馬したが、落選した。みどりの未来運営委員を経て、2012年には緑の党(のちの緑の党グリーンズジャパン)の結党に参加した。

著書[編集]

  • 単著
    • 『丸腰国家 軍隊を放棄したコスタリカ・60年の平和戦略』、2009年、扶桑社新書、ISBN 978-4-594-05872-2
    • 『平和ってなんだろう 「軍隊をすてた国」コスタリカから考える』、2009年、岩波ジュニア新書、ISBN 978-4-00-500622-9
    • 『緑の思想 経済成長なしで豊かな社会を手に入れる方法』、2013年、幻冬舎ルネッサンス、ISBN 978-4-7790-1011-8

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロフィール. 公式ウェブサイト.

外部リンク[編集]