越智信義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

越智 信義(おち のぶよし、1920年8月6日[1] - 2014年1月10日[1])は、日本の将棋史研究者。古川柳研究会会員[2]。「将棋博士」と呼ばれた。

略歴[編集]

東京都中央区築地生まれ[1]。1938年、東京市立京橋商業学校卒業[3]住友金属工業に勤務[3]。戦中、陸軍に応召して満洲へ[3]。戦後は住金物産に勤務して、総務部長から「氷川会館支配人」を経て退職[3]

日本将棋連盟嘱託として、棋譜や対戦成績のデータベース整備を担当[3]。『将棋昭和史』『将棋名人戦全集』『将棋年鑑』等の刊行に協力[3]

また、長年に渡り、将棋史の調査、将棋文献の収集を行ってきた。収集した文献は生前に、大阪商業大学・アミューズメント産業研究所に寄贈された[3]。また、1967年東京・日本橋の白木屋で「将棋四百年展」を催し、以降のデパートでの「将棋まつり」のさきがけとなった[1]

その功績で、第2回大山康晴賞受賞、第8回将棋ペンクラブ大賞特別功労賞を受賞。

著書[編集]

  • 将棋の博物誌 越智信義 著 三一書房 1995
  • 将棋随筆名作集 越智信義 編著 三一書房 1998
  • 将棋の風景 : 随筆選集 越智信義 編 毎日コミュニケーションズ 2002
  • 江戸の名人 [Kindle版] 越智信義 小澤書房 2013
  • 将棋文化誌 [Kindle版] 越智信義 小澤書房 2014

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 将棋世界 2014年8月号72 ページ
  2. ^ http://ozawashobo.web.fc2.com/edonomeijin.html
  3. ^ a b c d e f g 将棋世界 2014年8月号73 ページ