超高温加熱処理法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

超高温加熱処理法(ちょうこうおんかねつしょりほう)は、通常、120℃~150℃で1秒以上5秒以内で殺菌する方法。UHT法Ultra high temperature heating method)とも呼ばれる。

概要[編集]

現在の牛乳乳飲料加工乳清涼飲料水ミネラルウォーターなど流体食品製品の殺菌処理の主流技術である。日本では1957年(昭和32年)に導入された。

1985年(昭和60年)7月に乳等省令一部改正により、このUHT法と無菌充填機を組み合わせて製造した飲用乳は、「常温保存可能品」として認可された。いわゆるアセプティック製品である。ロングライフ牛乳(通称、LL牛乳はこのアセプティック技術で製造されたものである。

関連項目[編集]