赤沢政経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
赤沢政経
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 応仁元年(1467年
死没 永正9年8月5日1512年9月14日
別名 又太郎、蔵人(通称)、政盛
戒名 善忠
官位 従五位上伊豆守
氏族 赤沢氏
父母 赤沢朝経
経智
テンプレートを表示

赤沢 政経(あかざわ まさつね)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将官位従五位上伊豆守

略歴[編集]

応仁元年(1467年)、細川京兆家の家臣(内衆)である赤沢朝経の嫡男として誕生。

8代将軍足利義政に仕え、父が上洛した後も自身は信濃国塩崎城に残る。文明17年(1485年8月14日従五位上伊豆守に叙任される。父が永正の錯乱で戦死した永正4年(1507年)には河内国尾上城高屋城を守っていたが、永正5年(1508年8月12日に落城し、翌永正6年(1509年)信濃に帰還した。

永正9年(1512年8月5日、飯沼館で討死した。享年46。

出典[編集]