赤尾雄人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤尾 雄人(あかお ゆうじん、1960年- )は、日本の評論家、バレエ研究家(古典バレエ論)。

経歴[編集]

東京生まれ[1]。1983年東京大学教養学部教養学科ロシア分科卒業。1985年同大学院総合文化研究科比較文学比較文化修士課程修了[1]。古典バレエ論を専攻する[1]

小松製作所コマツ)勤務[1]。1991-1995年モスクワ勤務[1]、2001-2004年モスクワ勤務[1]、2004-2005年トルクメニスタン・アジガバト勤務、2005-2006年ジャカルタ勤務、2009年からモスクワ駐在[1]

『ダンスマガジン』(新書館)や各種ダンス・バレエ公演のプログラム等に寄稿し、ダンス・バレエ関連の著書や訳書も手掛けている[1]

著書[編集]

翻訳[編集]

  • アキム・ヴォルィンスキー『歓喜の書』鈴木晶共訳 新書館 Classics on dance 1993年。
  • デブラ・クレイン, ジュディス・マックレル『オックスフォード バレエダンス事典』鈴木晶監訳 海野敏、長野由紀共訳 平凡社 2010年。ISBN 978-4-582-12522-1

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『オックスフォード バレエダンス事典』,pp.718