賀茂県主氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
賀茂県主から転送)

賀茂県主氏(かものあがたぬしうじ)は、賀茂を氏の名、県主を姓とする日本の氏族。山城国賀茂神社に奉斎した。

  • 賀茂朝臣氏とは別氏族である(『鴨氏始祖伝』)。ただし『山城国風土記』逸文では、祖先は関係があったとし、賀茂県主の祖の賀茂建角身命(天神系)は神武天皇の先導をした後、大和の葛城(地祇系賀茂氏の本拠)を通って山城国へ至ったとしている。

神魂命裔[編集]

賀茂氏
氏姓 賀茂県主
始祖 賀茂建角身命[注 1]
種別 神別天神[1]
本貫 山城国葛野郡愛宕郡
著名な人物 鴨長明(下鴨社家)、賀茂真淵(上賀茂社家)
後裔 祝部氏宿禰)、中島氏(姓は県主[2]など
本文も参照
凡例 / Category:氏

代々賀茂神社に奉斎し、山城国葛野郡愛宕郡を支配した。また、賀茂県主は同じ山城国を本拠とする秦氏(國主支族など)との関係が深いとされる。平安時代初期ごろに上賀茂下鴨の両神社の祠官家に分かれ、代々両社の祢宜を務めた。上賀茂社祠官家に松下家・鳥居大路家・林家・森家・梅辻家・富野家・岡本家などが、下鴨社祠官家に泉亭家・梨木家・広庭家・滋岡家・鴨脚家などの諸家がある[3]

高魂命裔[編集]

賀茂氏
氏姓 賀茂県主
始祖 鴨建角身命高魂命の3世孫)[2]
氏祖 #神魂命裔に同じ
種別 神別天神
著名な人物 #神魂命裔に同じ
後裔 #神魂命裔に同じ
凡例 / Category:氏

葛城国造と同祖であり、この系統の賀茂氏は神魂命裔の賀茂氏と同一である。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 八咫烏に化身して神武天皇を導いたとされる。『新撰姓氏録』では神魂命の孫とする。

出典[編集]

  1. ^ 新撰姓氏録』山城神別
  2. ^ a b 古代豪族系図集覧』, p. 156.
  3. ^ 苗字尽略解

参考文献[編集]

  • 近藤敏喬 編『古代豪族系図集覧』東京堂出版、1993年。ISBN 4490202253 
  • オープンアクセス鈴木真年 編『国立国会図書館デジタルコレクション 苗字尽略解』 上、玉養堂、1878年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/780536 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年。 
  • 樋口清之丹羽基二『姓氏』秋田書店、1970年。 
  • オープンアクセス太田亮著・上田萬年三上参次監修「国立国会図書館デジタルコレクション 賀茂 カモ」『姓氏家系大辞典』 1巻、姓氏家系大辞典刊行会、1934年、1785-1790, 1793頁。 NCID BN05000207OCLC 673726070全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130845/966 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 佐伯有清 編『日本古代氏族事典』雄山閣出版、1994年。 
  • 坂本太郎・平野邦雄監修『日本古代氏族人名辞典』吉川弘文館、1990年。 

外部リンク[編集]