賀戸一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

賀戸 一郎(かど いちろう、1947年 - )は、日本社会学者西南学院大学教授。社会福祉学を研究分野とする。

略歴[編集]

1947年、島根県に生まれる。 同志社大学大学院文学研究科社会福祉学専攻修士課程修了後、キリスト教保育専門学院(現・キリスト教社会福祉専門学校)、香川短期大学勤務、近畿大学九州短期大学助教授、広島国際大学助教授を経て、平成14年西南学院大学教授。高齢者福祉を考える筑豊の住民団体「いいづか未来工房」の座長も勤める。老人福祉に対しては「人は人に必要とされる時に輝く。共生を受け入れる社会の実現には、競争社会の発想にとらわれない教育が必要だ」と訴えている。

著作[編集]

「宅老所『よりあい』の挑戦」「入門社会福祉」、共編著に「高齢者福祉を学ぶ」などがある

外部リンク[編集]