貞松成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
人間力大賞受賞者
青年版国民栄誉賞
受賞年:2013年


貞松 成(さだまつ じょう、1981年6月2日-)は、日本の社会起業家である。長崎県生。早稲田大学大学院政治学研究科修了。学生時代に少子高齢化という人口問題を知り、高齢者による保育が理想的であると考え、2007年に株式会社global bridgeを設立し、千葉県にて無認可保育所(のちに認可保育所へ転換)を開園。2008年にデイサービス(通所介護)を開所し、2010年には、通所介護と事業所内保育(両立支援)を組み合わせた介護と保育の融合事業を考案する。2014年、保育園運営管理システムであるChild Care Systemをリリースし、ICT事業を開始。同年、障害児(者)事業を開始し、認可保育所や通所介護施設との複合施設を開始。 2015年に株式会社global bridgeを分社化し、株式会社global bridge HOLDINGSを持株会社として、直営福祉施設を運営する株式会社global bridgeとICT事業を行う株式会社social solutionsの2社体制とした。2017年、保育ロボットVEVOの開発に着手。同年、東京証券取引所に上場(6557)。

経歴[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『介護と保育で日本を変える 世代間交流施設かいほの家のつくりかた』(2012年、長崎出版
  • 『小規模保育のつくりかた 〜待機児童の解消に向けて〜』(2014年、あっぷる出版社
  • 『世代間交流施設の挑戦 保育と介護はどのように融合しているか』(2016年、あっぷる出版社
  • 増補改訂版『小規模保育のつくりかた~待機児童の解消に向けて~』(2018年、あっぷる出版社
  • 『びーぼ』(2018年、あっぷる出版社
  • 『びーぼとひみつきち』(2018年、あっぷる出版社

脚注[編集]


外部リンク[編集]