警視総監公舎爆破未遂事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

警視総監公舎爆破未遂事件(けいしそうかんこうしゃばくはみすいじけん)とは1971年に発生した事件。

概要[編集]

1971年8月7日東京都千代田区警視総監公舎玄関脇に爆弾が仕掛けられる事件が発生。警察官が犯人らしき男を追うが、逃げられてしまった。

警察日大紛争メンバーなど6人を爆発物取締罰則起訴したが、1983年裁判で全員に無罪が確定した。

元被告らは国家賠償請求を提訴。2001年12月20日、裁判所は捜査の一部の違法性を認め、300万円の支払いを命じる判決が確定。

関連書籍[編集]

  • 事件・犯罪研究会「明治・大正・昭和・平成 事件犯罪大事典」(東京法経学院)

関連項目[編集]