談話室滝沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
談話室滝沢
Lounge Room TAKIZAWA
店舗概要
正式名称 談話室滝沢
所在地 160-0022
東京都新宿区新宿3丁目36-12(新宿東口店)
開業日 1966年
閉業日 2005年3月31日
営業時間 9:00 - 21:50
後身 椿屋珈琲店 新宿茶寮
最寄駅 新宿駅

談話室滝沢(だんわしつたきざわ)は、日本にかつて存在した喫茶店東京都に4店舗を構えていた。

歴史[編集]

1966年に1号店がオープン[1]。コーヒー・紅茶などの飲み物は一律1,000円(但しケーキ類のデザートをセットすると総額1,100円 - 1,200円程度でセットメニューになった)と割高であったが、マスコミ・出版業界を中心に利用者は多かった(被取材者へのインタビューなどに利用)。接客態度を重視する姿勢から、ウェイトレスは全て正社員で、全寮制の社員寮に入れて接客教育を行っていた[1]

しかし、従業員の確保が困難になったことから社員寮を廃止し、ウェイトレスの約8割がアルバイトになっていたこともあり、サービスの質を保つのが困難になったため、閉店することになり、2005年3月31日午後9時50分を持って全店を閉店した[1]。新宿東口店と池袋東口店の跡地には「椿屋珈琲店」(東和フードサービス直営)が入居している[2]

なお、最終日前日当日の売り上げは災害復興支援として日本赤十字社に寄付された[1]

店舗所在地[編集]

  • 新宿駅前店・別館・東口
  • 新宿駅西口駅前店
  • 池袋駅東口店・西口店・西口別館(西口店は他店より数年前に閉店)
  • 御茶ノ水駅

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 談話室滝沢がきょう閉店(ライブドア・ニュース) - livedoor ニュース - (2005年03月31日14時59分)
  2. ^ 川井つと (2011年6月20日). “椿屋珈琲店 新宿茶寮”. GREEブログ. 2018年1月3日閲覧。