言語ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

言語ゲーム英語: Language-game[1][2]とは、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン[3]が提唱した言語活動をゲームとして比喩したもので、特に側から見ると意味不明なやりとりとなっているものを言う。

概説[編集]

後期と呼ばれる時期の主著『哲学探究』において、言語活動ゲームとして捉え、言葉の意味を、外延(対象)や内包(共通性質)ではなく、特定のゲームにおける機能として理解すべきと主張した。なお、『哲学探究』はもともとは改めて『論理哲学論考』と一緒に公刊されることを意図されていた[4]

また、この言語ゲームそのものもすべてに共通する内包を持たず、親戚関係のように緩い連鎖によって一体化しているにすぎない(家族的類似)。

ウィトゲンシュタインは、この言語ゲームのアイディアにおいて、従来の哲学を言語ゲームから離れてしまって言葉の意味を考察する病とし、「ハエをハエ取り壺から出してやる」ように言葉をその本来の言語ゲームにおいて理解すべきことを論じた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「言語ゲーム」という言葉は、原典では "Sprachspiel (ドイツ語)” であり、ドイツ語で "Spiel" は英語の "Play" に近い言葉で、日本語に直訳するなら「言葉遊び」や「言葉劇」となる。伊藤 晃一 (2016). “授業というゲームをどう変えるか ―ある定時制高校で行われた授業をたよりに―”. 教育におけるゲーミフィケーションに関する実践的研究: P.2. 
  2. ^ 英語では「言語game」と表現しているが、勝敗を決める場があるわけではない。ドイツ語の「言語spiel」では「言語の機動的なふるまい」といったニュアンスであり、こちらのほうが端的に理解される。たとえば、石材運びのゲームにおいて「角石」という言葉は「角石をもってこい」という意味であり、それ以外のゲームでは同じ「角石」という言葉がまったく別の意味(機能)を持ちうる。それは、トランプジョーカーの意味がそれを用いて遊ぶゲームによって異なるのと同様である。
  3. ^ 哲学者として知られる。
  4. ^ 飯田(2005) pp.220-222

参考文献[編集]

  • 伊藤邦武「言語ゲーム理論」『プラグマティズム入門』〈ちくま新書〉、2016年、185-186頁。ISBN 9784480068705
  • ウィトゲンシュタイン『哲学探究』
  • 飯田隆 (2005). ウィトゲンシュタイン 言語の限界. 講談社 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]