言志四録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
言志録から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
『言志四録』(げんししろく)
『言志録』(げんしろく)
『言志後録』(げんしこうろく)
『言志晩録』(げんしばんろく)
『言志耋録』(げんしてつろく)
著者 佐藤一斎
日本の旗 日本
言語 漢文
公式サイト [1][2][3][4]
コード ISBN 4-06-158274-7
ISBN 4-06-158275-5
ISBN 4-06-158276-3
ISBN 4-06-158277-1
Portal.svg ウィキポータル 哲学
Portal.svg ウィキポータル 随筆
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

言志四録』(げんししろく)は、佐藤一斎が後半生の四十余年にわたって書いた語録。指導者のためのバイブルと呼ばれ、現代まで長く読み継がれている。

2001年5月に総理大臣の小泉純一郎衆議院での教育関連法案の審議中に触れ、知名度が上がった。

概要[編集]

『言志録』、『言志後録』、『言志晩録』、『言志耋(てつ)録』の4書の総称。総1133条。

  1. 言志録:全246条。佐藤一斎42歳(1813年)から53歳(1824年)までに執筆されたもの
  2. 言志後録:全255条。佐藤一斎57歳(1828年)から67歳(1838年)までに執筆されたもの
  3. 言志晩録:全292条。佐藤一斎67歳(1838年)から78歳(1849年)までに執筆されたもの
  4. 言志耋(てつ)録:全340条。佐藤一斎80歳(1851年)から82歳(1853年)までに執筆されたもの

三学戒[編集]

『言志晩録』第60条
「少くして学べば、則ち壮にして為すことあり
壮にして学べば、則ち老いて衰えず
老いて学べば、則ち死して朽ちず」

参考文献[編集]

  • 佐藤一斎『言志四録(一)言志録』川上正光全訳注、講談社講談社学術文庫274〉、1979年1月。ISBN 4-06-158274-7
  • 佐藤一斎『言志四録(二)言志後録』川上正光全訳注、講談社〈講談社学術文庫275〉、1979年3月。ISBN 4-06-158275-5
  • 佐藤一斎『言志四録(三)言志晩録』川上正光全訳注、講談社〈講談社学術文庫276〉、1980年1月。ISBN 4-06-158276-3
  • 佐藤一斎『言志四録(四)言志耋録』川上正光全訳注、講談社〈講談社学術文庫277〉、1981年12月。ISBN 4-06-158277-1
  • 西郷隆盛『西郷南洲遺訓 附 手抄言志録及遺文』山田済斎編、岩波書店〈岩波文庫〉、1939年2月。ISBN 4-00-331011-X
    『言志四録』全1133条から西郷隆盛が101条を選んだ「手抄言志録」を収録。69頁に佐藤一齋略傳を収録。
  • 齋藤孝『最強の人生指南書 佐藤一斎「言志四録」を読む』祥伝社〈祥伝社新書205〉、2010年6月。ISBN 978-4-396-11205-9
  • 佐藤一斎 『言志四録 座右版』 久須本文雄全訳注、講談社、1994年。ISBN 978-4-06-207292-2。初版は1987年

外部リンク[編集]