観自在王院跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
舞鶴が池 中島

観自在王院跡(かんじざいおういんあと)とは、岩手県平泉藤原基衡の妻[1]が建設した寺院跡。

境内跡は「毛越寺境内 附 鎮守社跡」(もうつうじけいだい つけたり ちんじゅしゃあと)の一部として国の特別史跡[2]、庭園は「旧観自在王院庭園」(きゅうかんじざいおういんていえん)として国の名勝に指定されている[3]2011年平成23年)6月26日、「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の構成資産の一つとして世界遺産に登録された[4]

概要[編集]

毛越寺に隣接している。1189年文治5年)以後は荒廃し、水田となっていた。

約160×260mの南北に延びる寺域の北部に2つの阿弥陀堂があり、中央部に園池があった。その寺域にある平安時代末期の庭園は1973年昭和48年)から1976年(昭和51年)にかけて発掘・復元されている。数少ない平安時代の庭園遺構として評価されている。

文化財[編集]

特別史跡[編集]

  • 毛越寺境内 附 鎮守社跡 - 1922年(大正11年)10月12日、史跡に指定。1952年(昭和27年)11月22日、特別史跡に変更。2005年(平成17年)7月14日、追加指定および名称変更[2]

名勝[編集]

  • 旧観自在王院庭園 - 2005年(平成17年)3月2日指定[3]

世界遺産[編集]

出典[編集]

  1. ^ 高橋富雄氏は観自在王院を建立したとされる女性を「基衡妻」とするのは誤記で、基衡の父・清衡の妻の一人であった(=「基衡母」)という独自の見解を示している。
  2. ^ a b 毛越寺境内 附 鎮守社跡1922年〈大正11年〉10月12日指定、1952年〈昭和27年〉11月22日特別史跡、史跡)、国指定文化財等データベース文化庁) 2014年7月11日閲覧。2005年(平成17年)7月14日、追加指定および名称変更。
  3. ^ a b 旧観自在王院庭園2005年〈平成17年〉3月2日指定、名勝)、国指定文化財等データベース文化庁) 2014年7月11日閲覧。
  4. ^ a b Barbados enters World Heritage List with Bridgetown and its Garrison; Hiraizumi (Japan) and Germany’s Beech Forests also inscribed” (英語). UNESCO News Archive. ユネスコ (2011年6月25日). 2011年6月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯38度59分17秒 東経141度6分37秒 / 北緯38.98806度 東経141.11028度 / 38.98806; 141.11028