見上げた空におちていく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
見上げた空におちていく
対応機種 Windows 98SE/2000/XP
発売元 あっぷりけ(エフォルダム
プロデューサー 司城
ディレクター 司城
キャラクターデザイン オダワラハコネ
シナリオ 桐月
音楽 鷹石しのぶ
オープニングテーマ 見上げた空におちていく(片霧烈火
エンディングテーマ あなたに、いちばん、つたえたいこと。(片霧烈火)
ジャンル 成長と絆を描く純愛ADV
発売日 初回限定版:2007年3月23日
DL版:2011年2月25日
価格 税込価格
初回限定版:9,240円
DL版:6,800円
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
エンディング数 7
セーブファイル数 90+6(Auto)
ゲームエンジン 吉里吉里2
メディア DVD-ROM
ディスクレス起動
アクチベーション なし
画面サイズ 800×600
BGMフォーマット Ogg Vorbis
キャラクターボイス 主人公以外フルボイス
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ あり
オートモード あり
備考 初回限定版特典:ブックレット『見上げた空におちていく -Wissenschaft-』

見上げた空におちていく』(みあげたそらにおちていく)は、2007年3月23日あっぷりけから発売された18禁恋愛アドベンチャーゲームである。英語の副題は「fragment of daily life - cry for as human being.」。あっぷりけのブランドデビュー作。2011年2月25日には、DMM.R18にてダウンロード販売が開始された[1]

2012年12月14日には、本作品・ブランド第2作『コンチェルトノート』・第3作『黄昏のシンセミア』の3作品のセットパッケージ『あっぷりけコレクション』、および3作品合同のファンディスク『黄昏の先にのぼる明日 -あっぷりけFanDisc-』が発売された。

概要[編集]

見上げた空におちていく[編集]

田舎の研究学園都市を舞台に、主人公が謎の少女との出会いをきっかけに、父や兄を喪った火災事故や様々な事件の謎を解いていくアドベンチャーである[2][3]

ゲームシステムは基本的に選択肢でストーリーが分岐するアドベンチャーだが、ストーリーを進めながら「フラグメント」(FRAGMENT)と呼ばれるショートストーリーを入手して謎を解いていくシステムになっている[4]。フラグメントは本筋とは別の時間軸や別視点のストーリーになっており、フラグメントの中でしか見られないCGや情報がある[4]。また、一度バッドエンドを見ないと得られないフラグメントも存在する[4]。このフラグメントシステムは、主人公視点以外の伏線やイベントを回収するために「シナリオ担当の我侭で」導入されたもので、シナリオライターにとっては時間軸や視点にとらわれずに済む便利なシステムだったという[5]

黄昏の先にのぼる明日 -あっぷりけFanDisc-[編集]

本作品関連では、本編のトゥルーエンドに続くアフターストーリー「Wish After」、ユキを含めた3作品のメインヒロインがラジオパーソナリティとしてユーザーの質問に答える「あっぷりけ放送局」、ヒロイン達がプレイヤーとして登場する「オンライン麻雀」などを収録[6][7]

あらすじ[編集]

(出典:[2][3]) 椋木悠斗は長浜研究学園都市に住む大学生。5年前の研究所の火災事故で父と兄を亡くしたが、心の傷も癒えて平和に暮らしていた。しかし春休みのある日、死んだ父からのメッセージを携えた少女・ユキが突然椋木家へやってくる。世間知らずのユキに戸惑いながらも共に暮らし始めた悠斗だが、その後様々な事件が相次ぎ、その中で5年前の火災へつながる手がかりを得た悠斗は、隠された真実を探っていく。

登場人物[編集]

(出典:[2][3][5][8][9]

主人公[編集]

椋木 悠斗(むくのき ゆうと)
本作品の主人公。20歳の大学生。物語の5年前に起きた研究所の火災で父・和人(かずひと)と兄・彼方(かなた)を亡くし、現在は母親の優子と2人暮らし。食事作りなどは始終出入りする真央と3人でローテーションで行っている。何事にも慎重な性格だが、突然同居することになったユキの面倒を見るなど、お人好しで世話好きな面も。毎朝街をジョギングし、武道を習うなどして、それなりに体力がある。

ヒロイン[編集]

ユキ
声:松永雪希(本編) / 民安ともえ(ファンディスク)
身長150cm 体重42kg B78/W50/H78
椋木家へ突然やってきた少女。悠斗の父・和人が「困ったら悠斗を頼れ」と封筒に書いた手紙を持っており、行く所が無いため椋木家へ居候することになる。口数が少なく、淡々として表情があまり動かない。記憶力や計算力は高いが社会常識などをほとんど知らず、異性に対する恥じらいがまるで無い。小柄で細い体だがパワーがあり大食い。
羽二生 真央(はにゅう まお)
声:みる
T162 BW49 B88/W59/H82
悠斗の十年来の幼馴染みで、椋木家の隣に住む。20歳の大学生。母親が離婚し、父親・誠二(せいじ)も和人と同じく5年前の事故で亡くなったため天涯孤独だが、その境遇にもかかわらずいつも明るい。悠斗とは兄妹のように一緒に育ってきて、椋木家・大学・バイト先「ベル・カッツェ」などで始終一緒にいるのが当たり前になっている。
清川 心音(きよかわ ここね)
声:芹園みや
T165 BW51 B83/W55/H79
悠斗が大学進学前に通っていた学校の後輩。旧市街の大きな屋敷に住むお嬢様で、見た目は清楚だが性格は気さくでノリが良く、時に強引マイペース。オカルトマニアで街の都市伝説の調査を趣味にしており、自分のホームページでコラムを書いている。

サブヒロイン[編集]

アルファ
声:松永雪希(本編) / 民安ともえ(ファンディスク)
ユキの双子の姉のような存在。略称は「アル」。
※本編ではサブキャラクターだが、ファンディスク収録のアフターストーリーでヒロインに昇格した。

サブキャラクター[編集]

椋木 優子(むくのき ゆうこ)
声:桃井いちご
悠斗の母親。よく姉に間違われるほど若々しい外見で、おっとりした性格。仕事は学校の保険医で、天涯孤独の真央の保護者役もしている。
式澤 一真(しきざわ かずま)
声:黒猫
街の何でも屋「式澤S&S(サーチ&サービス)」の代表。お人好しで街の人々に慕われ、(いい意味でも悪い意味でも)よく利用されている。犯罪や社会の裏事情などに詳しく、悠斗にもいろいろなアドバイスを与える。
笹原 真菜美(ささはら まなみ)
声:伊藤瞳子
式澤S&Sで働く女性。26歳。いい所のお嬢様らしいが、以前の勤め先が倒産して路頭に迷い、式澤の元に転がり込むなど、不運ばかりを被っている。年齢に関わる話はタブー。
加藤 鈴(かとう すず)
声:倉田まりや
悠斗と真央のバイト先である喫茶店「ベル・カッツェ」の店長。23歳。姉御肌で面倒見がいい。真菜美とは友人。
椋木 和人(むくのき かずひと)
声:伊藤涼
故人。悠斗の父。マイペースで息子の悠斗にも捉えづらい性格。5年前の研究所の火災で彼方と共に亡くなった。
椋木 彼方(むくのき かなた)
声:馬並硬太
故人。悠斗の兄。穏やかで誠実。5年前の研究所の火災で和人と共に亡くなった。
速見 礼次(はやみ れいじ)
声:中澤アユム
心音の祖父・重彦が以前面倒を見ていた青年。自分のビジネスを広げるために「清川」の名前を悪用し、重彦から絶縁された。
神代 修一(かみしろ しゅういち)
故人。ナノ工学・バイオ工学分野で数々の業績を残した天才科学者。7年前に病死した。

作品舞台[編集]

(出典:[5]

長浜研究学園都市(ながはまけんきゅうがくえんとし)
物語の舞台。関東地方の外れにある地方都市。研究所や学術機関が集まり、多様な人種の市民が住む。街は人工的に区画された新市街と昔からの旧市街が共存する。物語開始の一週間前に大きな地震「北関東地震」があり、多くの建物が被害に遭って、復旧していない所も多い。
モデルはつくば市
桜丘医療技術研究所(さくらおかいりょうぎじゅつけんきゅうじょ)
悠斗の父・和人や真央の父・誠二が勤めていた研究所。5年前の火災で廃墟となったが、建物は取り壊されずに現存している。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「見上げた空におちていく」
歌:片霧烈火 / 作詞・作曲:片霧烈火 / 編曲:Morrigan
挿入歌・エンディングテーマ「あなたに、いちばん、つたえたいこと。」
歌:片霧烈火 / 作詞・作曲:片霧烈火 / 編曲:Morrigan

※予約特典のCD『見上げた空におちていく オリジナルサウンドトラック』に、両曲のフルバージョンが収録されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 見上げた空におちていく”. DMM. 2014年1月31日閲覧。
  2. ^ a b c TECH GIAN(2007年5月号) pp.182-183.
  3. ^ a b c PC Angel(2007年4月号) pp.78-81.
  4. ^ a b c BugBug(2007年5月号) p.237.
  5. ^ a b c 『見上げた空におちていく -Wissenschaft-』(初回限定版特典) pp.44-51.
  6. ^ TECH GIAN(2011年9月号) p.68.
  7. ^ PUSH!!(2011年10月号) p.148.
  8. ^ 『見上げた空におちていく -Wissenschaft-』 pp.23-33.
  9. ^ 『Wissenschaft4』(『黄昏の先にのぼる明日 -あっぷりけFanDisc-』同梱特典) pp.35-37.

外部リンク[編集]