西田直五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西田 直五郎(にしだ なおごろう、天保9年(1838年) - 文久2年4月23日1862年5月21日))は、幕末薩摩藩士。同藩士西田元右衛門の子。名は正基

鹿児島城下上諏訪馬場で誕生。寡黙な性格であったという。藩政では江戸藩邸で中小姓を務めた。

文久2年(1862年)島津久光の率兵上洛を聞き、橋口伝蔵らと藩邸を脱して大坂へ向かう。京都寺田屋で九条尚忠酒井忠義襲撃を謀議するが、久光の派遣した鎮撫使と衝突する。鎮撫使側の上床源助の槍で重傷を負い、間もなく斬殺されたという。(寺田屋事件

従四位。墓所は京都市伏見区大黒寺