西村顕治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西村 顕治(にしむら けんじ、1965年2月11日 - )は、日本経済新聞社の記者であり、クイズ王として知られている。男性。神奈川県立川和高等学校[1]早稲田大学政治経済学部出身。

人物[編集]

史上最強のクイズ王決定戦』においては決勝戦常連であり、同じく決勝戦常連の水津康夫と4回決勝戦で戦っている。特に同番組中で放映された、問題文が「アマゾン川で」まで読まれた段階で正解に辿り着き(正解は「ポロロッカ」)、問題開始から0.9秒で正解するシーンが著名であり、このシーンは冨樫義博の漫画幽☆遊☆白書においてパロディ化されている。また、番組中でクイズ問題10万問に相当するデーターベースを構築していることが放映され、その情報管理法は、筑摩書房よりちくま新書『スーパー情報活用術』として出版された。

主なクイズ番組出場歴[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第3回史上最強のクイズ王決定戦の番組中において母校と紹介され、柔道の稽古を行っていた。