西本貫一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

西本 貫一(にしもと かんいち、1915年6月29日 - 2005年8月27日)は、日本実業家発明家。元ノーリツ鋼機代表取締役社長

略歴[編集]

和歌山県和歌山市出身。1943年4月、和歌山市で報国写真館を開業し、写真機器の販売及び写真撮影の経営に当たった。

1951年6月に写真印画自動水洗機を発明し、1956年には有限会社ノーリツ光機製作所を設立した。1961年11月24日ノーリツ鋼機株式会社に組織・社名変更し、1979年にはフィルム現像からプリント仕上げまでを45分で行うことが可能になる高速自動写真処理システム(QSS)を開発して写真現像における流通システムを根底から覆すことに成功した。

2005年8月27日午前0時28分、90歳で死去。社葬が行われ、葬儀委員長は島精機製作所島正博が務めた。

上場企業の中で、90歳は最年長社長、社長歴49年は社長在任の最長記録である。

関連項目[編集]

先代:
-
ノーリツ鋼機社長
初代:1956年 - 2005年
次代:
佐谷勉