西川満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西川満(にしかわ みつる、1908年2月12日 - 1999年2月24日)は日本の小説家詩人。長男は経済学者西川潤

経歴[編集]

福島県会津若松市生まれ。父親の仕事の関係で、3歳で台湾に渡る。台北一中を経て、早稲田大学仏文科へ進学、吉江喬松に師事。卒論のテーマはアルチュール・ランボー1933年に卒業して台湾日日新報に就職。『台湾風土記』(1939年)、『華麗島』(1939年)、『文芸台湾』(1940年)などを創刊。敗戦後の1946年、日本に引き揚げる。台湾の真理大学に蔵書2万冊余りを寄贈した。占星術もやった。 

著作[編集]

小説[編集]

  • 『猫寺 おとぎばなし』宮田彌太朗画 媽祖書房 1936
  • 『絵本桃太郎』宮田彌太郎画 日孝山房 1938
  • 『傘仙人 おとぎばなし』日孝山房 1938
  • 『嘉定屠城紀略』日孝山房 1939
  • 『列仙伝 絵像』日高山房 1939
  • 『梨花夫人』日孝山房 1940
  • 『浪曼』日孝山房 1941
  • 『赤嵌記』書物展望社 1942 
  • 『七宝の手筐』新小説社 1948
  • 『台湾脱出』新小説社 1952 新小説文庫
  • 『ちょぷらん島漂流記』湊書房 1952 のち中公文庫 
  • 『うすあかり風流文庫』鱒書房 おしどり新書 1955
  • 『中国美女譚』大日本雄弁会講談社 ロマン・ブックス 1956
  • 『天の沼琴』真世界社 1958 改題『日蓮聖人』真世界社 1968
  • 『会真記』人間の星社、1976 
  • 『繍像黄花女』人間の星社 1976
  • 『シンガポール女傑譚』人間の星社 1978
  • 『蓮花女体』人間の星社 1978
  • 『台湾縦貫鉄道』人間の星社 1979
  • 『華麗島顕風録』人間の星社 1981
  • 『珍珠宝塔 長篇伝奇』人間の星社 1983
  • 『神々の祭典 台湾小説集』人間の星社 1984
  • 『テヘランの審判 異国小説集』人間の星社 1985
  • 『双蝶記 西川満中国小説集』人間の星社 1987
  • 『牝鶏の晨 西川満中国小説集』人間の星社 1987
  • 『元宵記』吾八書房 1998

詩集[編集]

  • 『媽祖祭』媽祖書房 1935
  • 『採蓮花歌』日孝山房 1936
  • 『華麗島頌歌 詩集』日孝山房 1940
  • 『延平郡王の歌』日孝山房 1943
  • 『花妖箋』日孝山房 1943
  • 『一つの決意 詩集』文芸台湾社 1943
  • 『廻転木馬 詩集』人間の星社 1975
  • 『西川満詩集』人間の星社 1975
  • 『イヴオンヌ 詩集』原田健児写真 人間の星社 1976
  • 『雪女 詩集』人間の星社 1977
  • 『林本源庭園賦』詩 峯梨花画 人間の星社 1978
  • 『西川満全詩集』人間の星社 1982
  • 『亜片』

随筆[編集]

  • 『桃園の客』日孝山房 1943
  • 『黄金の人』(後宮信太郎)新小説社 1957
  • 『人間の星』六興出版社 1959
  • 天中殺 星の神秘と運命』講談社 1972
  • 『自伝』人間の星社 1981
  • 『わがふるさと会津』人間の星社 1981
  • 『わが越えし幾山河』人間の星社 1983
  • 『秘解「天中殺」 星の神秘と命運を知る』講談社 オレンジバックス 1985

共著編[編集]

  • 『華麗島民話集』池田敏雄共著 日孝山房 1942
  • 『台湾文学集』大阪屋号書店 1942
  • 『台湾絵本』編 東亜旅行社台北支社 1943

翻訳[編集]

  • 『西遊記』八雲書店 1948 新小説社、1952
  • 『中国妖艶小説集』大日本雄弁会講談社 1949

外部リンク[編集]