西山克哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西山 克哉(にしやま かつや、1967年8月7日 - )は、ロンドンパラリンピックセーリング競技代表選手。

略歴[編集]

1967年8月7日、滋賀県甲賀郡石部町(現滋賀県湖南市)に生まれる。24歳の時にアルバイトのビルの窓拭きで7階から転落し、全身骨折脊髄損傷で寝たきりの状態となった。友人からの「どうせやったら精いっぱいリハビリをして、それでだめやったらそのときや」と言う言葉に奮い立ち、リハビリと整体修行に励んだ。1999年自宅に西山整体院を開業し、2001年より自転車カヌー・ヨットを取り入れたリハビリを通じて、ヨット競技で頭角を現し、2012年開催されたロンドンパラリンピック・セーリング(ヨット)競技の内3人1組で競う「ソナー」に日本代表として参加(14位)した[1][2]

関連事項[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 湖南市. “広報こなん 2011年7月号 - きらり湖南人№37 大怪我をものともしない向上心 西山克哉さん”. 2013年7月19日閲覧。
  2. ^ 「レイクスマガジン創刊1周年号」 「CLOSE UP ロンドン2012パラリンピック競技大会 セーリング西山克哉選手」(公益財団法人滋賀レイクスターズ)