行表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

行表(ぎょうひょう、養老6年(722年) - 延暦16年2月(797年))は奈良時代大和国葛上郡高宮郷の出身。父は檜前(ひのくま)調使案麻呂。俗名は百戸。

741年天平13年)恭仁宮道璿に師事して得度し、743年(天平15年)興福寺北倉院で受戒。興福寺で唯識を学ぶ。その後、近江国崇福寺の寺主となり1丈余りの千手観音菩薩を造り、次いで近江国の大国師となった。778年宝亀9年)最澄の師となり、780年(宝亀11年)師主として最澄を得度させている。後奈良大安寺に移った。