蜜蝋石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蜜蝋石 Mellite
Mellite-20130.jpg
分類 有機鉱物
化学式 Al2[C6(COO)6]・16H2O
結晶系 正方晶系
へき開 不完全
断口 貝殻状
モース硬度 2 - 2.5
光沢 ガラス光沢
透明茶色黄色
条痕
比重 1.55 - 1.65
蛍光
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

蜜蝋石 (Mellite, みつろうせき) は、鉱物(有機鉱物)の一種。別称メライトハニーストーン

性質[編集]

組成アルミニウムの含水メリト酸塩であり、化学式はAl2[C6(COO)6]・16H2Oで表される。結晶系正方晶系であり、色は透明から茶色。比重は1.6。八面体の結晶になる。紫外線の照射で青色に蛍光する。

名前は、和名、英名共に、色が蜜蝋に似ていることに由来する。

メリト酸[編集]

芳香族カルボン酸の一種であるメリト酸マルティン・ハインリヒ・クラプロートによって、1799年にこの鉱物から得られた。彼が得たのはアルミニウム塩である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]