虞允文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

虞 允文(ぐ いんぶん、大観4年11月2日1110年12月14日) - 淳熙元年2月16日1174年3月20日))は、中国の南宋初期の丞相。字は彬甫。

生涯[編集]

隆州仁寿(現在は四川省永寧・仁寿県)の出身。太常博士で潼川路転運判官の虞祺の子として生まれる。子に虞公亮、虞公著、虞杭孫が、孫に虞剛簡があった。

学問を好み、6歳で九経を読み、7歳で文章を作ったという。父の跡を継ぐかたちで官界に入る。

高宗の頃、紹興23年(1153年)に進士となる。彭州の通判・黎州と渠州の知を歴任する。秦檜の死後に秘書丞に任命され礼部郎官に昇進する。

当時、の皇帝である海陵王が汴(河南省開封)を占領して、さらに南進する気配を見せた。この報を聞いた允文は、辺境の防備を固めるべきことをしばしば上奏し、中書舎人直学士院に任命された。

紹興31年(1161年)に海陵王が汴に遷都した後、60万の大軍を率いて南宋に侵攻した。采石磯中国語版(現在の安徽省蕪湖市)に参謀軍事として赴任していた允文は、将たちをまとめ奮戦して金軍を破る(采石磯の戦い)。川陝宣諭使となり、失地回復を主張する。

孝宗が即位するや上疏すること15回、陝西回復の急務であることを訴えるが、皇帝の側近に疎んじられ、顕謨閣直学士と夔州の知州、兵部尚書・湖北西京宣撫使・平江府の知州と中央からかえって遠ざけられる。

隆興2年(1164年)に金の軍勢が淮水を再び渡り、後悔した皇帝は陳俊卿の推薦もあったので允文を端明殿学士・僉書枢密院事に任命。乾道元年に参知政事・知枢密院事、乾道3年(1167年)に資政殿大学士・四川宣撫使に任命され、兵制を改め政治の弊風を除く。乾道5年(1169年)に右僕射・中書門下平章事・枢密使(実質上の宰相)を拝命。

允文は宰相として人材を多く登用し、才能ある者に会うと三等に分けて登録し、これを「材館録」と呼んだ。洪适汪応辰胡銓周必大王十朋趙汝愚晁公武李燾などが允文の推挙した人々である。

乾道8年(1172年)に左丞相・枢密使に特進する。その年の4月に、御史の蕭之敏に弾劾されたが皇帝の信任は変わらない。しかし、右丞相の梁克家とも争ったことから自ら中央を去ることを願い出て、少保武安軍節度使・四川宣撫使に任命され、雍国公に封ぜられた。四川に在任中は軍備を整え、孝宗の志である失地回復を補佐しようと努力する。任地で没した。享年65。死後に太傅を贈位された。諡は忠粛。

著作[編集]

  • 『詩文』10巻
  • 『経筵春秋講義』3巻
  • 『奏議』22巻
  • 『内外志』15巻

参考文献[編集]

  • 宋史』巻383
  • 騫駒『采石瓜洲記』