藪井星池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藪井 星池(やぶい せいち、寛延元年(1748年)– 文化13年8月23日1816年10月14日))は、江戸時代中期の日本の篆刻家である。

は千秋、を子長、星池は。中国風に修して藪星池と称した。伏見の人。

略伝[編集]

二条角倉家に仕えた。俳諧狂歌をよくし、傍らで篆刻を嗜んだ。印譜に『星池印譜』・『白雪歌堂印譜』がある。京都河原町東に住んだが、文化年間は浪華に住んだ。

享年69。

出典[編集]

関連項目[編集]