藤田梧郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤田梧郎(ふじたごろう、明治35年(1902年)10月30日- 平成6年(1994年)1月24日)は、囲碁棋士日本棋院所属、八段。吉田操子七段門下、愛知県出身。学生囲碁界の発展、女性への囲碁普及に力を尽くした。関西学生囲碁連盟、全国学生囲碁連盟を設立。

経歴[編集]

豊橋市生まれ。京都大学在学中の1941年に吉田操子五段の吉田塾に入門。1943年に専門棋士となる。1944年吉田没後に吉田塾を継承。

1952年に関西学生囲碁連盟を設立し、会長に就任、東西対抗戦などを実施。1956年に全国学生囲碁連盟を設立し、副会長に就任、以来40年間に渡って運営に携わった。1965年、日韓親善囲碁使節団の団長を務める。1984年に吉田塾を藤田塾に改名。

1960年六段。1990年七段。

1977年大倉賞受賞。1981年、勲五等双光旭日章受章。日本棋院理事、日本棋院関西総本部棋士会長、同副本部長、同相談役。日本棋院京都本部長を務める。1989年の日本棋院と関西棋院による日本囲碁規約改定において、規約改定委員会委員。

1994年1月24日、京都市京都逓信病院で死去。追贈八段。

門下に、林海峰、坂口隆三、天宅信雄、辻井良太郎、桜本三郎ら。林は、台湾からの来日1年後の1954年に京都で半年間、藤田門下で大学囲碁部選手らと対局して腕を磨き、一時東京本院に戻った後に再度関西総本部院生となり入段した。

参考文献[編集]

  • 『囲碁と暮らした七十年藤田梧郎先生追悼集』日本棋院京都本部 1995年
  • 棋道」1994年3月号「藤田梧郎八段逝く」
  • 「囲碁年鑑 平成6年度版」日本棋院 1994年 「平成5年度点鬼簿」