藤波甚助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤波 甚助(ふじなみ じんすけ、1850年6月11日嘉永3年5月2日) - 1917年大正6年)1月2日)は、明治時代静岡県の政治家、教育者。名は博、字は子約、琢斎と号した。幼名は歌吉、後に市兵衛と改めた[1]

静岡英語専門学校の設立者・静岡英和女学院 第5代校主・静岡メソジスト教会員。

晩年は、『静岡市史』の編纂主任を委嘱されて資料の収集に努めたが、完成せずに終わった。

経歴[編集]

  • 1850年6月11日嘉永3年5月2日) - 父・甚助の三子として駿河国有渡郡本通三丁目12番地(現静岡市葵区本通三丁目)に生まれた。家は太物商で屋号を松富屋といった。
  • 1870年(明治3年)
    • 6月 - 参事南部広矛となり、市内学校設立に尽す[1]
    • 7月5日 - 敬寛舎幹事試補となる[1]
    • 8月 - 医務取締となり、医業と按摩業との分離に尽す[1]
    • 9月 - 公立静岡病院の創設に尽す[1]
  • 1874年(明治7年)1月 - 長男 孝之誕生[2]
  • 1877年(明治10年) - 第三十五国立銀行(現:静岡銀行)が創立され、全行の重役となる[1]
  • 1880年(明治13年)3月 - 二男 憶之誕生[2]
  • 1881年(明治14年) - 英学の必要を痛感して、静岡安西1丁目南裏町21番地 文武館の館主松下之基に教えを受けた。この文武館では渋江保(静岡英語専門学校教員)が教授をしていたこともある。
  • 1883年(明治16年) - 友人の村松一(静岡メソジスト教会員)とともに静岡英学塾を創立するも火災で焼失。
  • 1884年(明治17年)7月 静岡市屋形町東本願寺別院の所の自邸内に静岡英学校(のちの静岡英語専門学校)を創立[3]
  • 1885年(明治18年)5月 - 長女 すま誕生[2]
  • 1886年(明治19年)4月 - 3級市会議員となる[1]
  • 1886年(明治19年)5月 - 市会議長代理者となる[1]
  • 1887年(明治20年)7月 - 静岡英学校校舎が火災のため類焼。静岡市本町3丁目9-2に移る[4]
  • 1888年(明治21年)静岡英学校校舎を新築。
  • 1889年(明治22年)
    • - 大火により静岡英学校類焼。改めて二階建て洋館の校舎を新築。校名を静岡英学校から静岡英語専門学校と改名。
    • 6月21日 - 市書記となる[5]
  • 1890年(明治23年)1月 二女 あか誕生[2]
  • 1892年(明治25年)
    • 1月9日 - 大火により玄南横丁の静岡教会の会堂が焼失。礼拝用に静岡英語専門学校の校舎を提供する[6]
    • 11月12日 - 追手町31番地(現在の静岡市役所静岡庁舎本館・静岡市葵区追手町6丁目付近)に静岡教会の会堂が献堂[6]
    • 12月14日 - 大火により再び静岡教会の会堂が焼失。再び静岡英語専門学校の校舎を提供する[6]
  • 1893年(明治26年)
    • 5月30日 - 市参事会員となる[5]
    • 11月 - 静岡英和女学院 第5代校主に就任[7]
    • 11月25日 - 追手町31番地に静岡教会の会堂が再建。
  • 1896年(明治29年)3月 - 静岡英語専門学校閉校。
  • 1900年(明治33年)10月5日 - 静岡県政友会支部創立委員に嘱託[5]
  • 1901年(明治34年)5月29日 - 市参事会員を辞める[5]
  • 1902年(明治35年)
    • 7月1日 - 追手町229番地(現在の静岡市葵区追手町九丁目付近)に静岡教会の会堂が完成し、献堂式が行われる。甚助は建築係を務めていた。[8]
    • 10月28日 - 静岡英和女学院 第5代校主を引退[7]
  • 1903年(明治36年)12月21日 - 『静岡市史』の編纂主任となる[5]
  • 1905年(明治38年)1月 - 二男 憶之戦死[2]
  • 1908年(明治41年)11月26日 - 静岡市政友会顧問となる[5]
  • 1912年(明治45年)3月31日 - 『静岡市史』の編纂主任を辞める[5]
  • 1917年(大正6年)1月2日 - 没。
  • 1928年(昭和3年)11月8日 - 静岡市政並びに市史資料の収集に対する功によって、市から追彰される。

親族[編集]

  • 父 甚助
  • 妻 とみ
  • 長男 孝之
  • 二男 憶之
  • 長女 すま
  • 二女 あか

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 静岡市役所企画部文書課 (1963年9月30日). 『藤波甚助日誌抄録』. 静岡市役所. p. 5. 
  2. ^ a b c d e 飯田 宏 (1967). 『静岡県英学史』. 講談社. p. 43. 
  3. ^ 静岡市史・総目次 年表 索引. 静岡市役所. (1982年4月1日). p. 694. 
  4. ^ 『明治前期静岡町割絵図集成』. 静岡郷土出版社. (1989年6月22日). p. 116. 
  5. ^ a b c d e f g 静岡市役所企画部文書課 (1963年9月30日). 『藤波甚助日誌抄録』. 静岡市役所. p. 6. 
  6. ^ a b c 静岡教会125年史. 日本基督教団静岡教会. (2009年7月31日). p. 46. 
  7. ^ a b 静岡英和女学院百年史. 静岡英和女学院. (1990年11月26日). p. 1043. 
  8. ^ 新聞に見る静岡県の一〇〇年. 静岡新聞社. (1999年11月27日). p. 33. 

参考文献[編集]

  • 飯田宏 『静岡県英学史』 講談社、1967年。
  • 『静岡英和女学院百年史』(静岡英和女学院、1990年)
  • 静岡市役所企画部文書課『藤波甚助日誌抄録』静岡市役所、1963年9月30日
  • 『明治前期静岡町割絵図集成』静岡郷土出版社、1989年6月22日
  • 『新聞に見る静岡県の一〇〇年』静岡新聞社、1999年11月27日
  • 『静岡教会125年史』日本基督教団静岡教会、2009年7月31日
  • 『静岡市史・総目次 年表 索引』静岡市役所、1982年4月1日