藤本三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤本 三郎(ふじもと さぶろう、1967年11月21日 - )は、地方競馬福山競馬場所属の元騎手である。勝負服の柄は胴白・青縦縞、袖青。広島県福山市出身、血液型B型、身長167cm。

来歴[編集]

1985年3月31日付けで地方競馬騎手免許を取得。同年4月27日に初騎乗。同日初勝利。

1986年8月24日第1回全日本新人王争覇戦出場(10人中4位)[1]

2004年1月12日地方競馬通算1000勝達成。

2008年10月13日第11回福山競馬4日目第8競走3歳4組条件戦をスリリングシャトーで優勝(9頭立て1番人気)し、地方競馬通算1200勝達成。

2010年5月31日寺田寛厩舎から渡邉貞夫厩舎へ所属変更。その後同年6月14日小嶺英喜厩舎へ所属変更した。

地方通算成績は13424戦1305勝・2着1369回・3着1527回・勝率9.7%・連対率19.9%だった。

2013年3月、福山競馬場の廃止に伴い引退。引退後はミッドウェイファーム茨城県行方市)で働く[2]

思い出に残るレースとしては片桐正雪騎手から騎乗変更となり、初めて全国区の競走で優勝したラピッドリーランタマツバキ記念をあげている。

主な騎乗馬[編集]

  • マルゼンパワー(1991年銀杯)
  • ハギノハートリング(1996年ローゼンホーマ記念
  • パッピーケイオー(2000年ローゼンホーマ記念、福山桜花賞、福山菊花賞)
  • トモシロトーザイ(2002年福山ダービー
  • ラピッドリーラン(2006年タマツバキ記念)

ほか

脚注[編集]

  1. ^ 第1回 全日本新人王争覇戦 - おうまのアイコン wire-to-wire 〜競馬のドット絵・無料HP素材専門サイト〜
  2. ^ 福山競馬場、最後の日 - ウェブハロン2012

関連項目[編集]

外部リンク[編集]