藤原宗能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
藤原宗能
時代 平安時代後期
生誕 応徳2年(1085年
死没 嘉応2年2月11日1170年2月28日
別名 宗隆(本名)、中御門内大臣
官位 正二位内大臣
主君 堀河天皇鳥羽天皇崇徳天皇近衛天皇後白河天皇二条天皇六条天皇
氏族 藤原北家中御門流
父母 父:藤原宗忠、母:藤原行房の娘
藤原為隆の娘、藤原長実の娘
藤原敦雅の娘、藤原仲実の娘
頼衡宗親尊誉、玄壽、宗家成能光能頼輔、宗命、宗縁、宗隆、宗覚、寛宗、玄修、能忠、藤原季行
テンプレートを表示

藤原 宗能(ふじわら の むねよし)は、平安時代後期の公卿。本名は宗隆藤原北家中御門流、右大臣藤原宗忠の長男。官位正二位内大臣中御門内大臣と号した。

経歴[編集]

永長2年(1097年叙爵左兵衛佐近衛少/中将等の武官や、堀河鳥羽天皇蔵人を経て、大治5年(1130年蔵人頭に任ぜられる。天承元年(1131年参議に任ぜられ公卿に列す。天承2年(1132年従三位長承3年(1134年)権中納言保延5年(1139年)正三位次いで従二位に叙される。崇徳朝において、極官は権中納言かつ天皇の外戚でもないにもかかわらず、政治に強い影響力を持ち「わきの関白」の異名で呼ばれた[1]

康治2年(1143年)正二位久安5年(1149年権大納言保元元年(1156年)には、重篤となっていた鳥羽法皇に対し、その死後予想される兵乱に備えるよう奏上した[2]。実際に、同年7月の鳥羽法皇崩御後まもなく保元の乱が発生している。同年9月大納言に昇進したのちは、摂関家近衛基実松殿基房兄弟や閑院流三条公教徳大寺公能らに大臣の座を巡って次々と先を越されるが、応保元年(1161年)77歳にして内大臣に任ぜられる。長寛2年(1164年)子息の宗家の正三位叙位と引き替えに内大臣を辞任する。

仁安3年(1168年)6月12日出家

人物[編集]

有職故実に明るく、その教えを受けていた九条兼実日記玉葉』の中でに宗能の死を惜しんでいる[3]。また、催馬楽の名手でもあり、声が非常に美しかったという[1]。日記に『中内記』がある。

物事の道理に明るく、はっきりした性格であったという[1]

逸話[編集]

今鏡』に宗能が有職故実に詳しかったことを示す逸話がある。

  • 崇徳天皇が成人して、初めて五節の帳台の試みに出御する際、出御自体が非常にまれであったことから、その際に着る指貫模様が何であるか、蔵人がはっきりわからず不安に思っていたところ、当時蔵人頭であった宗能は「霰地に窠の文」であると滞りなく答えたという[1]

系譜[編集]

  • 父:藤原宗忠
  • 母:藤原行房の女
  • 妻:藤原為隆の女
    • 男子:藤原頼衡
    • 男子:藤原宗親
    • 男子:尊誉(?-?)
    • 男子:玄壽
  • 妻:藤原長実の女
  • 妻:藤原敦雅の女
    • 男子:藤原光能
    • 男子:藤原頼輔
  • 妻:藤原仲実の女
    • 男子:宗命
    • 男子:宗縁
  • 生母不明
    • 男子:宗隆
    • 男子:宗覚
    • 男子:寛宗
    • 男子:玄修
    • 男子:能忠(?-1169)
    • 女子:藤原季行室(?-1193)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『今鏡』藤波の下 第六 唐人の遊び
  2. ^ 愚管抄
  3. ^ 『玉葉』嘉応2年2月12日条

参考文献[編集]


先代:
藤原宗忠
松木家
第3代
次代:
藤原宗家