薬寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

薬寿』は、いわゆる薬用酒の銘柄の1つである。

製品概要[編集]

薬寿は、武田薬品工業(以下、武田)とサントリーとが共同開発した滋養強壮剤である。特徴は養命酒保命酒と違い、ワインがベースとなっていた。1970年に製造開始したが2006年に製造を中止した。[要出典]パッケージには武田の社章であるウロコマークとサントリーの向獅子マーク(末期は「響」マークに変更)が表記されていた。また、サントリーでは酒屋ルート向けに武田との共同開発による薬味酒『薬妙』(やくみょう)を製造・販売していた。

成分[編集]

薬寿には動物性の成分は全く入っておらず、合計21種類の生薬の成分が溶け込んでいるとされている[1]。 薬寿の処方は、 [要曖昧さ回避]の時代から用いられた開心薯蕷腎気丸(かいしんしょよじんきがん)と、の時代から用いられた十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)の2つを参考にして考案されたとされる[2][3]。 以下、使用されている生薬を「生薬名(読み)(部位) - 含有濃度(単位)」の形式で表記した。

  • 黄耆(おうぎ)(根) - 1350 (mg/l)[4]
  • 甘草(かんぞう)(根) - 450 (mg/l)[4]
  • 枸杞子(くこし)(果実) - 1350 (mg/l)[4]
  • 桂皮(けいひ)(樹皮) - 1350 (mg/l)[4]
  • 五味子(ごみし)(果実) - 2030 (mg/l)[4]
  • 山薬(さんやく)(根) - 2030 (mg/l) - ヤマイモ[4]
  • 山茱萸(さんしゅゆ)(果実) - 1350 (mg/l)[4]
  • 地黄(じおう)(根茎) - 2030 (mg/l) - アカヤジオウ[4]
  • 芍薬(しゃくやく)(根) - 1350 (mg/l)[5]
  • 生薑(しょうきょう)(根) - 930 (mg/l)[5]
  • 川芎(せんきゅう)(根茎) - 1350 (mg/l)[5]
  • 蒼求(そうじゅつ)(根) - 1350 (mg/l) - オケラ[5]
  • 朝鮮人参(ちょうせんにんじん)(根) - 1350 (mg/l)[5]
  • 当帰(とうき)(根) - 1350 (mg/l)[5]
  • 菟糸子(としし)(果実) - 2030 (mg/l) - ネナシカズラ[5]
  • 肉蓯蓉(にくじゅよう)(全草) - 1350 (mg/l)[5]
  • 防風(ぼうふう)(根) - 2030 (mg/l)[5]
  • 茯苓(ぶくりょう)(菌体) - 2030 (mg/l)[5]
  • 薏苡仁(よくいにん)(胚子) - 1350 (mg/l) - ハトムギ[5]

なお、上記の他にエタノールや糖分も含まれている。

CM出演者[編集]

出典[編集]

  1. ^ 田多井 吉之介 『酒と飲みものの健康学』 p.72 大修館書店 1983年9月10日発行 ISBN 4-469-16357-0
  2. ^ 田多井 吉之介 『酒と飲みものの健康学』 p.72 大修館書店 1983年9月10日発行 ISBN 4-469-16357-0
  3. ^ 王 & 赤堀 1991, p. 256
  4. ^ a b c d e f g h 田多井 吉之介 『酒と飲みものの健康学』 p.70 大修館書店 1983年9月10日発行 ISBN 4-469-16357-0
  5. ^ a b c d e f g h i j k 田多井 吉之介 『酒と飲みものの健康学』 p.71 大修館書店 1983年9月10日発行 ISBN 4-469-16357-0

参考文献[編集]